ちょっと切ない話

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

今日はワンコたちを「アンヴァリッド」までお散歩に連れて行ってきたので、写真は今日のシャンブランだけど、話はじぇんじぇん違います。
(≧m≦)ぷっ!
c0090198_2303123.jpg

昨日、いつものようにシャンブランのお散歩の為にセーヌ川方面を歩いていたら、向こうから白い杖を忙しく動かしながらこちらに歩いて来る中年のマダムが・・・。

どうやら私たちが立っていたすぐ近くのバス停に行く積りだったようなのだけど、そのバス停の側の大きなマロニエの木に杖がぶつかったようで一瞬立ち止まったので、手助けに行こうとしたら、すぐに体制を建て直し、側のバス停に無事に着いたの。
c0090198_2381259.jpg

それにしても、目が見えないってどんな世界なんだろう・・・。

こうして無事にバス停に着いてもバスの行先は見えないんだよね。
一緒にバスを待つ人に聞いたり、運転手さんに確かめるんだろうな~。
心無い人がわざと違うバスを教えたりする事は無いんだろうか。
降りる時にも運転手さんに頼んでおいたり、近くの人に聞くのかな。

なんて思ったりして、ちょっと切なくなったわ。
c0090198_2441868.jpg

そうそう、去年の秋に「おパンツ丸見え、お尻ポリポリマダム」の話を書いたけど、あのマダムも目が見えない人だったんだよね。
やっぱり近所にあの頃引っ越して来たようで、あれから何度も会ったよ。
c0090198_2475668.jpg

最初の頃はアチコチ道に迷って同じ道を行ったり来たりしていたようだけど、つい先日はまるで目が見えてるんじゃないかと思うほど、迷わず酒屋の角を曲がって行ったよ。
白い杖の使い方も前述のマダムのようにそれは慣れたものだったわ。
どちらもきっと目が見えなくなって長いのね。

以前友達のYちゃん夫婦と一緒の時に何の話からかYちゃんが
「見えない、聞こえない、話せないの三重苦の中で一番辛いのは絶対に目が見えない・・・だよね。」
「私もそうだと思うわ。」

そしたらシャンパパとYちゃん夫がハモったわ。
「いやいや、Yちゃんと〇っちゃん(私)なら“話せない”でしょ!」
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

あらら、「ちょっと切ない話」が最後は笑い話になっちゃった。
^_^;

という訳で、相変わらずカウントは多いものの「ポチッ!」が少ないのが寂しいでつ。
 ↓今日も「ポチッ!」と応援を宜しくね。(*^^)v
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
御用とお急ぎで無い方は↓こちらも宜しくね。
人気ブログランキングへ
↑のランキングではクリックの後「シーズー」の所をクリックするとランキングが分ります。
今現在5位でした。
(*^^)v
Commented by もと at 2010-03-19 05:40 x
 目が見えない世界は想像出来ませんね。義父は目が悪くなって今は失明しているし、母も片方は明かりだけと言っています。
 母は勿論見えるんだけど、義父は見えないのに畑に出て草は取るし収穫もする。どうして解るのか不思議です。
どれだけ間違えているかも確認出来ないのにどうして家の中を出たり入ったり出来るんでしょうね。
 目が見えた上で、次に何かと聞かれれば間違いなく喋れないことと思う人は多いと思います。

が、
Commented by シャンディママ at 2010-03-19 07:29 x
もとさん、凄いですね。
お義父様は見えないのに草取りや収穫までしちゃうんですね。
精神的にも強くないと出来ない事ですよね。
そうね、次にしんどいのは話せない事かもですね。
聞こえない、話せないは勿論大変だけど、まだ書いて貰うとかで意思の疎通は出来ますものね。

「が」は特に意味は無いのね。
了解です。
二つ目のカキコミは削除しましたけど、訂正はしませんけどこのままでOKですよね?
Commented by クロ at 2010-03-19 09:10 x
目が見えない人でもそれをカバーする生き方は2つ。
○一つは耳からの情報を頼りに、ぶつかり転びながら経験を積んでいって生活範囲の地図を頭にたたき込んだ人
○もう一つは移動を他人に援助してもらう人

・・・
Commented by マモンです。 at 2010-03-19 10:22 x
パリに行って思った事はフランス人は困っている人を見て見ぬフリはしないんだな~って思った、確かになんで~?って思うこともあるけど日本人より人に対して垣根が無いですね。
そう!たいめい軒のコールスローがおいしいの、それでレシピもネットで調べられるし、そこでは砂糖を隠し味に使うけど、バルサミコブランがあればバッチリなの!でも寿し酢を使うと微妙に味が違う気がした、太白胡麻油も使っているけどピーナッツオイルとかサラダオイルで良いですよ~。太白胡麻油そっちにあるけどわかるかな~?(笑)。
Commented by ラムママ at 2010-03-19 15:35 x
こんにちは〜
本当に少し鈍臭くても、ワン仔も人間も
五体満足が一番です〜

仲良しシャンブランの写真、ほのぼの〜〜
ママがカットしてるでしょ?上手だワン〜〜
Commented by シャンディママ at 2010-03-19 15:46 x
クロさん、そうだわね。
どちらも大変だよね。
後は引き篭もりかな?
私なら引き篭もりそうだわ。
(-.-)
Commented by シャンディママ at 2010-03-19 15:58 x
マモンちゃん、ホントにそうね。
フランス人はとっても親切だよね、困っている人はほっとけないのね。
>日本人より人に対して垣根が無いですね。
そうそう、人種に対しても一部の人を除いてはそうだよね。
先日も黒人の子を白人のパパが抱っこしていたし、こういう光景は珍しく無いのね。
太白胡麻油もきっと探せば有ると思うけど、私はこれはあまり好みじゃないのよね。
でもって、間違って買ったピーナツオイルの処理に困っていたのよ。
^_^;
今度使ってみるわね。
Commented by シャンディママ at 2010-03-19 16:02 x
ラムママ、ホントね。
五体満足ならそれだけで幸せと思わなくちゃとつくづく思うわ。
人もワンコもね。
そそっ、私がカットしちゃってるのよ。
ブランディだけでもそろそろ出したいとこなんだけどね。
(シャンディは時々咳込むから、可哀想でもう出せないの)
Commented by らむお at 2010-03-19 17:51 x
介護福祉士の大学を出ているので、目の見えない人の所へも実習に行ったりしました。
最初から見えないと、それほど苦ではないと本人達は言ってましたが、やっぱり大変なことが多いと思います。
でも、同情されるのが、一番嫌なんだそうです。
目が見えないことも一つの個性として、普通の人と同じ様に接してもらえるのが嬉しいそうです。
そして、そのとき感じたことは、五感の一つが欠けている人というのは、他の感性が、ものすごく鋭いということです。
例えば、目の見えない人なら、触覚や聴覚が優れていたり、第六感というものを持っていたりして、絶対音感がある人なども多いようです。
鍼灸師として生活している人が多いですが、私達にはない第六感があるのかもと思いました。
体が不自由な人もそうでない人も、普通に暮らせるのが一番良いですよね。
Commented by ki-aisiteru at 2010-03-19 19:49
五体満足であることが~
健康でいると以外と気がつきませんが
何事にも勝ことでしょうね。

シャンブランちゃん~キスしているみたい?
可愛い~。
Commented by チャーリーママ at 2010-03-19 23:54 x
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
午前中に書き込みしたら字数が多いと拒否され
考えて考えて短くしたのに消えてるわ・゜゜・(/。\)・゜゜・.

そんな事より、本題に入ります。
当事者、親御さん、兄弟にしか分からないことが一杯あるように思います。
私が出来る事と言ったら日本だったら手を差し伸べるけど、
外国では相当危なくない限り声はかけないと思うのよ。
音感がいいからでしょうけど、話す言葉で地元でない事が分かると手助けを拒否する人を何回か見たことがあります。
怖い目にも合ってらっしゃるからでしょうね。

聾唖の子供を立派に育てた友達が普通に接してねといつも言ってました。
Commented by めめ♪ at 2010-03-20 00:29 x
こんばんはヾ(*^▽^*)〃
キスしてるようなシャンブラン、とってもかわいいわね~♪
o(*^ー ^*)oにこっ♪

σ(^0^*)私の父はある朝突然、左目が見えなくなったの。
視神経に血栓がつまったらしいんだけど、手術ってできなくて、血栓をとかす治療をするも、今も完全に見えるわけではないのね。
でも、片目は見えるわけだから、階段とかは怖いけど、まだ幸せよね。

先天的に見えない人は「見えてる?」っていうくらい、「普通に」動ける場合もあるようやね。
視覚以外のものが発達して、視覚をおぎなうようにできているそう。
後天的に失明した場合はとっても不便でしょう。

ただ、先天的に見えない場合は、すべてのものを見たことがないんだもの、想像の世界なのでしょうね。
色も景色も、父や母でさえも・・・・
そう考えるとせつなくなるわ~。お友達のお孫ちゃんがそうなんだもの。
Commented by シャンディママ at 2010-03-20 07:53 x
らむおさん、キーママ、チャーリーママ、めめちゃん、昨日は一日出かけていて忙しかったので、お返事はもう少し待っててね。
<m(__)m>
Commented by シャンディママ at 2010-03-20 16:27 x
らむおさん、お返事が遅くなってごめんなさい。
らむおさんは福祉大学を出ていらしたのね。
それなら実際に色んな障害を持つ人たちと接していたから実情を良くご存知ね。
>目が見えないことも一つの個性として、普通の人と同じ様に接してもらえるのが嬉しいそうです
そんな話を以前聞いたので、私もそうしようと思っているんだけど、フランス人は実にさりげなくそれを実行しているみたいで感心するの。
このバス停には3人ほどバスを待っていたんだけど、全員何か有ったら手伝おうとしているように見えたわ。
同情や余計な手助けじゃなくて、困ったときにさりげなくヘルプして上げるのが一番だよね。

>目の見えない人なら、触覚や聴覚が優れていたり、第六感というものを持っていたりして・・・
本当にその通りね。
危険が一杯の外をあのスピードで歩けるなんて、勿論本人の努力も有るけど自然に備わった能力も有るんでしょうね。
自分だってどうなるか分からない昨今、障害や色んな事が有っても助け合って生きて行ける世界になるといいわね。
Commented by シャンディママ at 2010-03-20 16:30 x
キーママ、そうね。
いつも健康でそれが当り前と思っているけど、何か有った時に人の苦労や辛さが分るものだわね。
シャンブラン、可愛いでしょ?
こんな一瞬に癒されるんだよね。
(*^^)v
Commented by シャンディママ at 2010-03-20 16:43 x
チャーリーママ、あらら。
字数が多いと拒否するなんて、とんでもないブログだわ。
(≧m≦)ぷっ!
ごめんね~。

>話す言葉で地元でない事が分かると手助けを拒否する人を何回か見たことがあります
なるほどね。
見えない分、当然だけど警戒心も強いのでしょうね。
声をかける時のかけ方には充分気をつけなくちゃだわ。
きっと色んな辛い経験が有ったんでしょうね。

>当事者、親御さん、兄弟にしか分からないことが一杯あるように思います
全くその通りだと思います。
障害が有っても無くても、さりげなく普通に助け合える、人に優しい地峡になるといいね。
Commented by シャンディママ at 2010-03-20 16:54 x
めめちゃん、そうだったの。
お父様、片目が不自由なだけでも大変でしょうね。
いつも一緒に楽しくお食事などされているから、そんな障害が有るなんて思わなかったわ。
それでも優しい娘や息子さんがいるから幸せよね。

>先天的に見えない人は「見えてる?」っていうくらい、「普通に」動ける場合もあるようやね。
そうなんだ。
この二人のマダムたちもそうなのかしらね。
最初から見えないと彼らの世界とどんな風なんでしょうね。
ソラちゃんのお孫ちゃんにも、何とか将来目が見えるようになって欲しいと心から思うわ。
名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2010-03-19 03:04 | シャンママ日記 | Comments(17)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2