ちょっと酷すぎない?「郵便物篇」

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

先日、友達から
「大分前に荷物を送ったんだけど、まだ着いてない?」
とメールが有ったの。

写真はシャンディの夕方のお散歩風景、朝どうしても出なかったので (*^^)v
大好きな豪邸方面へね。
(≧m≦)ぷっ!
c0090198_245253.jpg

実はこの話は先日途中まで書いて「まだ着かないのよね。」
で終ったんだけど・・・。

最初から書くとね。
1月初め頃に友達が送ってくれたという郵便物が15日過ぎになっても着いてないので
(いつもは5日ほどで着く)
追跡調査出来る国際郵便だったので、早速ネットで調べたら10日も前にパリに着いている事が判明。
近所の郵便局にその番号を控えて聞きに行ったところ
「確かに荷物はパリに有りますが、住所が間違っていて配達出来ないようです。
ここに電話で問い合わせてみて下さい。」

で、私のフランス語では埒があかないので ^_^;
シャンパパの会社の秘書さんに問い合わせて貰ったところ
「番地が間違って書かれていたそうです。
明日配達すると言っています。」
c0090198_2565278.jpg

翌日は、シャンブランのお散歩の時には管理人さんにお願いして一日中ずっと待っていたのに、来なかったのよ~!

又も秘書さんに問い合わせて貰ったら
「近くの〇〇郵便局に有るそうなので、近日中に取りに行って下さい、と言ってます。」
というので、翌日その郵便局に行くと
「ここには有りません。」
c0090198_325314.jpg

家に帰って、又も追跡調査してみたら
「差出人に返送」
と有るではないの~!
\(◎o◎)/!

どうなってるの~?
またも会社の秘書さんが電話を入れたらしいんだけど、何度かけても繋がらなかったらしい。
(仕事にならんでしょ、ごめんねなの)
^_^;
私たちより彼女の方が頭に来てしまったらしく、
「今日直接郵便局に行って話してきます。」
c0090198_391669.jpg

と言ってはくれたんだけど・・・。
「やっぱり日本に返送されたそうです。
フランス人はホントにバカです!」(彼女もフランス人)
と言っていたらしい。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

で先日、40日かかってその荷持が我家には一度も配達されること無く差出人に戻ったとの事。
c0090198_314680.jpg

今日はその荷物が改めて今度は我家に5日でちゃんと届いたんだけど、彼女が
「私は住所を書き間違えてないわよ。
パリの方で番地を書き間違えてたのよ。
証拠の封筒も同封しといたからね。」
確かに何故かパリの方で裏側にタイプで10番数字を間違えた紙が貼って有ったのよね。

それにしてもよ。
封筒の表側にちゃんと大きく正しく住所が書いて有るのに、何故に裏側の小さくタイプした番地で配達するかね。
不思議な国、フランスでつ。
c0090198_3202942.jpg

そして、更に腹がたつのは、友達が日本の郵便局に
「こういう場合は郵便料は返して頂けるんですか?」
と聞いたら、
「フランスにはちゃんと送ったので、こちらでは返金とかは出来ません。」
と言われたんだって~。

って事はよ。
相手国に着いたら後は責任は持てないって事だよね?
だったら荷物を追跡出来たって意味ないじゃん?
「荷物を送りました・・・(パリの不手際で)差出人に返送しました。」
じゃね。
しかも、普通の国際郵便より高い料金なんだよね。
こんなの有り~?
c0090198_3304235.gif

という訳なんだけど
「ちょっと酷いよね。」と思った方は
↓「ポチッ!」と応援、宜しく!(*^^)v
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
Commented by もと at 2012-02-16 07:33 x
 確かに酷い話ですね。日本でも私は経験しましたが、ぶち切れましたからね。秘書嬢がぶち切れたのは正しいです。
兎に角融通が利かないのは日本以上ですが、日本でも似たようなことはありました。
同じ階段なのに預かりの階の指定を1つにしてくれとか、一々腹の立つ話でした。
結局は受け取れて良かったんですが、嬉しさも半分ですね。
Commented by rion0701 at 2012-02-16 07:39
シャンママ、おはよ~♪
やっとお友達からの贈り物が届いて良かったですね。
でも、こちらのミスでは無いのに日本に戻ってしまって
送料は戻りません・・・なんて納得が行かないですよね!
高い料金で補償の意味が有りませんよね~。
もっとちゃんとしっかりして欲しいですね。
↓のつぶやきマット、どちらもとっても素敵~で使い勝手
が良さそうですね♪
Commented by 奈々ママ at 2012-02-16 09:14 x
海外では郵便に関するトラブルが多いですね。
盗難も多いんですよ。
ドイツでもアメリカでも小包の中の品物が亡くなったり
それも全部じゃなくて欲しいものだけ取ったとしか思えないものも。
家族からの荷物だったから取られたことが分かったんだけど、あんまり根掘り葉掘り聞けない人からだったら、分からないで済んじゃったかも。
といっても返してもらえたわけじゃないけどね。
フランス人の秘書さんが怒るくらいだからめったにないことなのかな?
ブランディがお店の中を熱心に見てるけど、何かいい掘り出し物見つけたのかしら?
Commented by めめ♪ at 2012-02-16 11:36 x
日本はなんていい国なんだって思うわ、こういうのを聞くと。
それにしても、ちゃんと正しい番地を表に書いてあるにもかかわらず、なんで勝手に間違った番地を書くかな~。
しかも、一度も配達されずに差出人に返送するなんて・・・・・
ありえないっっっ!!!(●`ε´●) ぶー

↓のシャンパパからの花束。
目が回るくらいお忙しいだろうに、いつ手配されたのかしら・・・・
本当に持つべきは優しい夫ね♪
( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン...
Commented by yuko at 2012-02-16 12:48 x
なるほど・・だからかぁ・・
私毎月のようにシャンママに紙幣送ってるんだけどいっこうに着いたわよって連絡がないなぁと思ってたの、どこに行っちゃったんだろうね?
だから仕方ないから自分で飛行機乗って持参しなきゃいけないかなって思って(爆)

で そちらではバレンタインは男の人から愛の告白なわけ??
それにしてもほんと・・変わらぬ愛よね・・
ドックフード試食させられながら(部っ)もちゃんと愛を捧げ続けてるんだもの。。
本に出来そうじゃない?シャンパパ伝記とかの為にこれから色々メモっといたほうがいいよ!
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 15:58 x
もとさん、日本では融通がきかないっていうとこは確かに有りますよね。
パリの場合はそれ以前の問題ですよ。
ちゃんと本人が大きな字ではっきり正しい宛先を書いて有るんだから、違った番地がタイプされていたら
(今回は何故か番地だけタイプされてないの。これも不思議)
普通、確かめるでしょ?
ったく~!
です。
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 16:04 x
莉音ママ、やっと届いたわ。
5日で届く筈が1ヵ月半かかってね。
これじゃ、船便じゃん~!
(>_<)
しかも何の保証も無く泣き寝入りだもんね。
友達は倍の郵送料を払わせられた訳で、ホントに申し訳ないわ。
つぶやきマット、お陰様でステキなのが2組も届いたわ。
(^_-)vブイブイッ
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 16:14 x
奈々ママ、そうなのよね。
パリでも誰かが中身の一部が抜き取られて届いたって言ってたわ。
日本では殆ど有り得ない話だけど、外国ではね。
そう考えると、もっと貧しい国などはどうなのかと思っちゃうわよね。
フランスでも色々有ると思うわ。
我家にも私のサインも無しでポンと郵便物を手渡して行くポストマンもいて、たまに別人ので追いかけて返したことも有ったし。
ってことは、家のもどっかに行ってる可能性も有る訳で。
(パリではドアに表札もないしね。)

お店の中を熱心に見ているのはシャンディで、ペットショップなので中にトリミングのワンコたちがいたので見てたのよ。
(*^^)v
Commented by らむりん at 2012-02-16 19:53 x
↑yukoさんがシャンママさんに送った紙幣が、間違って家に来たりしたら、フランスの郵便事情も悪くないって思えるんだけど~!(笑

yukoさんの紙幣はとにかくとして(笑)、ちょっとどころか、かなり酷い話だよね。
こっちの手違いじゃないのに郵送費も返金されないなんて・・・詐欺みたいなもんじゃ~ん!
いったいどこに苦情をもっていけばいいのか??
わたしも、大金をシャンママさんに届けるときは、飛行機で行きます!(爆

それから、シャンパパ伝記もいいけど、上様物語もいいと思わない?
毎日のようにカツアゲされたり叱られたり・・・涙ナシでは語れない悲恋の物語になりそう~♪(爆
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 20:04 x
めめちゃん、でしょ?
腹が立つったら無いわよね。
勝手に間違えて配達もしない、調べもしないんだものね。
シャンパパ、我が夫ながらホンマによう気が着くと感心するわ。
感謝感謝~。
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 20:09 x
yukoさん、何だかね。
らむりんさんとこに行った可能性があるかもよ。
らむりんさんのコメ、見てなのよ。
(≧m≦)ぷっ!
シャンパパの電気、じゃ無かった伝記?
これもらむりんさんが上様物語もいいかもってよ。
どっちにしても、「耐える夫・おしんパート1&2・・・この人の場合」
なんてね。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
Commented by シャンディママ at 2012-02-16 20:16 x
らむりんさん、ホントはそっちに行ってるんじゃないの?
あ、だったらキクちゃんとうらぶれた電気の紐生活してないか~。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

>毎日のようにカツアゲされたり叱られたり・
上には上が有るものだわね。
家はカツアゲなんてしてないからっ!
(全~部しっかり押さえてる)

ほんでもって大金、いつ二人で届けに来てくれるの~?
来年からは緊縮財政になるので、お早めにお願いします。

名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2012-02-16 03:33 | シャンママ日記 | Comments(12)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2