これもパリ&今日のシャンブラン

先日の日曜日からマイアミに出張していて、昨日帰ってきたシャンパパが、今日は気分が悪いと会社をお休みし、午後まで寝ていたんだけど
(日曜日朝からの出張で、多分疲れたのね。)
3時頃にはようやく起きて来たので、いつものオペラの韓国食材店までワンコたちも一緒に車で買い出しに行く事にしたの。
c0090198_3181819.jpg

バックシートにはシャンディを例のベッドにね。
最初は何やら文句を言っていたけど↓
c0090198_3204228.jpg

c0090198_3204549.jpg

さてさて、話は全然変わって、一昨日の朝の事・・・。

いつものようにまだ薄暗い7時過ぎ、シャンディをお散歩させていたら、後ろからコロコロを引いてジャンパーを着た40代半ば位のマダムが英語で声をかけて来たの。
「綺麗なワンちゃんですね。」
「有難う。」
c0090198_3235779.jpg

「あの、実は小銭が無くて困っているんです。
今タクシーで近くのホテルまで来たんですけど、早すぎてどこも開いて無いんです。
細かいお金が少し必要で・・・。」

一瞬私の頭の中は
「ホテルに着いたのならフロントで何とかなるかもしれないし、少なくともコロコロは預かってくれる筈。
何処かに行きたいなら、さっきから側をバスが通っているし、メトロも既に動いているからお釣りは貰えるんじゃないかな。
もしかして・・・外人のホームレス?」

↓サントノレ通りで見かけたおしゃれな自転車(特に前のバスケットに注目ね。)
c0090198_3363679.jpg

そんな思いが顔に出ちゃったのかな。
彼女
「あ、お金を下さいと言ってるんじゃなくて、出来れば両替して貰えたらと思って。」

「ごめんなさい。犬の散歩に出ただけなので、全然お金は持ってないんです。」
(これホント。余分に持っているのはウン〇用の袋だけだもの。)

と言ったら
「そうですか。」
と去って行ったわ。

↓シャンディが咳き込みはじめたので私が前の席に移したら、すかさずベッドに移ったブランディ
(*^^)v
c0090198_3441927.jpg

シャンパパにこの話をして
「あのマダム、一体何だったと思う?
確かにまだカフェとかお店は開いて無かったけど、通りがかりの人に両替頼むかな。
何処かに行きたいって言ってたけど、バスもメトロも動いているからお釣りだって貰えるのにね。」

そしたら
「多分50ユーロの偽札じゃないかな。それを換金したいんだと思うよ。」
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
c0090198_3514537.jpg

ちょっと飛躍しすぎかもだけど、でもね。
パリでは50ユーロ札の偽札が多いらしく、つい5年ほど前まではスーパーで50ユーロ札を出そうものなら大変!

後ろに何人も並んでいるのに、お構いなしでレジ係が店の奥にその札を持って消えるのよ。
多分偽札を調べる機械が有るんだと思うんだけど、最初のころはビックリしたよ。

日本では5千円札や1万円札をスーパーに出して、レジ係がそれを持ってどっかに行っちゃうなんて考えられないよね。
並んでいる客も別に平然と待っているから、これが普通なのね。
(*^^)v
それが最近は少し変わってきて、レジ係がささっとお札を指でなぞる位でOKになったの。

小さな個人ショップでは受け付けてくれないとこだって有った位だから、それ位偽札がフランスには多いって事かもね。
c0090198_16533181.gif


さて、話が長くなったついでに、私が「ホームレス?」
と思った訳はね。

パリでは本当にホームレスの人が多いんだけど、つい先日も、近所の「リサイクルボックス」(衣類用)のところに、身なりの良いマダムがカートを引いてやってきたので
「不用品を沢山持ってきたのかな。」

と何気に見ていたら、
何と!
ボックスに腕を突っ込んで、洋服を中からどんどん引っ張り出しているではないの~!
入れに来たんじゃなくて、取りに来ていたのよ。
\(◎o◎)/!

このマダムがホームレスかどうかは分からないけど、パリには一見普通のマダムやムッシュが実はホームレスって事が結構多いの。
で、そう思ったってわけなのよ。

それにしても、今までワンコの散歩中に突然
「1ユーロくれ。」
「たばこ持ってない?」
「ライター持ってない?」
は何度も有ったけど「両替して」は初めてだわ。
(*^^)v

これもパリです。

てな訳で↓「ポチッ!」と今日も宜しく!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
Commented by もと at 2012-09-29 10:30 x
 シャンパパ、お疲れなんですね。旅行以来ずっと心労が溜まっていたんじゃないかな。緊張していれば気付かない疲れも緊張が解れるとね。お大事にして下さい。
 パリの午後の写真ですね。天気は良いけど何となく秋よりも後の雰囲気を感じます。皆さん長袖だし。
 変なマダムですね。多分シャンパパ探偵の推察どおりじゃないかな。50ユーロくらいだったら何処でも釣り銭は出てくるでしょうしね。散歩中で良かったですね。
シャンディのベッド、お気に入りのご様子ですね。
Commented by ラムママ at 2012-09-29 15:37 x
こんにちは〜
コチラはまた暑さがぶり返し、しかも台風17号が〜

シャン君、少しはベッドにいてくれたんですね〜
ブちゃんは、確実にベッドが気に入った様子〜笑

50ユーロの偽札がでまわっているのですか?
色んなマダムがいらして、対応が大変ですね〜
Commented by はなこ at 2012-09-29 15:41 x
これが、パリならでは・・・なのですね。
北海道ののんきな人のよい人たちがいったら、まる裸にされそうな、町だわさ・・・・
 シャン君とブランディ君の構図は、まさにミミ&クリスティそのものなでよくわかります~
Commented by シャンディママ at 2012-09-29 15:43 x
もとさん、そうですね。
仕事も忙しいうえに色々有ったので、きっと疲れが溜まってるんでしょうね。
今日もまだ寝ています。
パリはホント、晩秋の気配です。
朝晩は寒くてダウンジャケット来てお散歩に行ってます。
先日のマダムはいまだに謎です。
実は本当に困っていたら可哀想に思って、帰ってすぐにブランディの散歩がてら数ユーロ持って近所を歩いたんだけど見つからなかったわ。
パリでは日本では考えられないような色んな事が有ります。
(^^)
シャンディのベッド、やっぱり淵が有ると楽みたいです。
Commented by シャンディママ at 2012-09-29 15:51 x
ラムママ、日本は又台風に暑さのぶり返しのようね。
ニュース見てますよ。
そうそう、ベッドはシャンディよりブランディがすっかり気に入ってるの。
(^^)
50ユーロの偽札、きっと多いのね。
どこで出してもチェックされるもの。
パリには一見普通のマダムやムッシュと思っていたら、ホームレスの人だったりは良く有るの。
マルシェの後、ゴミ箱から野菜のきれっぱしとか拾ってコロコロに入れていたりね。
今は見慣れた光景で、これもパリと思うけどね。
Commented by シャンディママ at 2012-09-29 15:56 x
はなちゃん、これもパリなのよ。
未だに道ですれ違ったとたんに
「指輪が落ちてる、これは貴女の?」
とか「兄が白血病で・・・」
とか、あの手この手でお金を貰おうとするジプシーは多いしね。
はなちゃんもいつかパリに来たら、気を付けてね。
(^^)
そうね、シャンブランとミミちゃんクリスティは全く同じよね。
Commented by サリーママ at 2012-09-29 20:59 x
やはり車にベッド、無いよりはあった方がずっと楽そうだわね。
なんだか不可解なマダムに声を掛けられたのね・・何だったんでしょうね??
パパさん、少しは体調回復したかな?お大事にね(*^_^*)
Commented by 奈々ママ at 2012-09-29 21:06 x
やっぱりパリは怖いわね。
私も地下鉄の中で嫌な思いをしたし。
ドイツの方が治安は良かったわ。
でもきっと日本やドイツのように治安のいい国の方が少ないのかもね。
香港も地べたに座り込んで物乞いをする人がたくさんいました。

ベッドはブランディが気に入っちゃったのね。
下の子はお兄ちゃんのを隙あらばっ手狙ってるのよね。
我が家の次男坊がそうでした。
Commented by シャンディママ at 2012-09-29 21:26 x
サリーママ、そうね。
最初はブチブチ文句を言っていたけど、やっぱりベッドが有った方が楽みたいよね。
ブランディも今までは車の中で寝られなかったみたいだけど、淵に頭を乗せてこれからは寝られそう。
パリには不思議が一杯よ。
(^^)
シャンパパ、今日は運動用の自転車踏んでたから元気になったみたい、有難う。
Commented by シャンディママ at 2012-09-29 21:40 x
奈々ママ、パリは治安がいいといえばいいし、相変わらずスリは多いしで、悪いと言えば悪いのね。
地下鉄でも現金を沢山持っていて大人しいから、日本人が一番狙われやすいかもね。
でも、何事も無くて良かったですね。
ドイツはそうね、確かに緊張した事無かったわ。
きっとパリより治安がいいのね。
次男坊は人間もワンコも同じなのね。
(^^)
名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2012-09-29 04:23 | シャンママ日記 | Comments(10)

パリに6年、ロンドンに1年、2年前に日本に帰ってきました。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。


by shanmama2