あれから6年経ったのね

「東日本大震災」(2011年3月11日)
あの時私(私たち)はパリで、プーママからの
「日本が大変な事になってるよ!テレビを見てみて!」
すぐにテレビをつけ、あの津波の映像に心臓がバクバクした事を今も覚えています。

c0090198_19334820.jpg

その後の在仏日本人の方たちは勿論、フランスの方たちのボランティア活動が凄かった。
音楽関係の方たちは教会などでチャリティコンサート、お料理の先生はクッキーなどを作って売ったり、それはそれは沢山のボランティア活動が有って感激。

c0090198_19365451.jpg

何も出来ない私たちは、ひたすらコンサートに通いました。
コンサートで最後に演奏された「ふる里」の歌に号泣。

そして、テレビで見た「帰宅難民」の方たちの落ち着いた礼儀正しい姿に、同じ日本人としてとても誇りを感じました。
あれから6年も経ったんだね。

今日は朝からずっと震災番組を見て、泣きっぱなしの一日でした。
(*^^)v

↓今日も「ポチッ!」と応援、宜しくね
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
Commented by もと at 2017-03-11 20:37 x
 月日の経つのは早いですね。しかしまだ故郷に帰れない人たちや復旧していない地域、原発関係等は何時終わるとも知れず大変なままです。
早く元の生活とはいかなくても落ち着いて生活出来るようになることを祈るだけです。
それにしても道路が早く復旧すれば談合とか騒ぐ輩はどうにかならないものかと思います。
Commented by サリーママ at 2017-03-11 21:05 x
東京もあの日の揺れはかなり怖かったですが、テレビに映し出される光景は信じ難いものでした。
出張帰りのかりんパパは新幹線が途中で長い時間止まってしまい、家に帰りついたのは夜中の2時ぐらいだったかな・・渋谷から歩いて帰って来ました。
娘は会社に朝まで留まって・・かりんとふたりで夜中まで不安だったのを思い出しました。
それにしてもまだまだ復興出来てない事が多いですね。
家族を亡くしてしまった方々を思うと胸が締め付けられますね。
Commented by シャンディママ at 2017-03-11 21:16 x
もとさん、本当に早いものですね。

>しかしまだ故郷に帰れない人たちや復旧していない地域、原発関係等は何時終わるとも知れず大変なままです
そうですね。
沢山の悲しみと先の見えない生活。
どんなに辛い事かと思います。
そして、何が起こるか分からない昨今、私たちも災害に対する心構えは必要と改めて思いました。
談合は場合に寄っては必要悪かもしれませんね。
Commented by シャンディママ at 2017-03-11 21:35 x
サリーママ、今晩は。
ホントに怖かったし、かりんちゃんと二人で心細かったでしょ。
パパさんもお嬢さんもそれぞれに大変だったと思います。

そして、家族を失った悲しみと厳しい現実を背負い続けながら、皆、それぞれに何とか頑張っている。
取り分けまだご家族の遺体さえ見つからない方たちは、ふっきれない悲しみを抱え続けたままでね。
切ないですね。
仮設住宅なども、もう少し国が何とかして上げられたらいいのにね。
Commented by ラムママ at 2017-03-12 08:56 x
おはようございます。

あのときは、実家で長い地震ねと
話していた母も、亡くなり
いわきから、避難してきた叔父も亡くなり
月日の流れを感じています。
叔父の孫達に、健康被害が出ないことを
願っています。。。
Commented by シャンディママ at 2017-03-12 09:23 x
ラムママ、お早う。

ママには色々有った震災だったのね。
お母様も叔父様も亡くなられたのね。
6年は短いようで長いよね、人それぞれに。
叔父様のお孫ちゃん達にも何事も無いといいわね。
名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2017-03-11 19:53 | シャンママ日記 | Comments(6)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2