パリのレストラン~♪

さて、奈々ママ・サリーママのパリ滞在記はご両人のブログで殆ど皆さんも様子が分ったと思いますので、今回はパリのレストランについて書いてみますね。

連日美味しいレストランのお料理の数々の写真を指をくわえて見ている皆さんも、あれらのレストランって一体幾ら位するんだろう・・・と、将来の渡仏に備えて心の準備をしておきたいとこだと思いますので、参考までにね。
既に500円玉貯金を始めている人もいるかもだしね。
(^^)

で、私の数少ない経験と、近所のレストランのメニューなどを眺めての印象ですが、最近は大抵のレストランにはアラカルト(一品料理)の他に「コース料理」というのが有って、それも簡単に
「前菜」「メインディッシュ」「デザート」で幾ら・・・となっているみたい。
勿論どれもチョイスは5種類位は有りね。

料金は勿論ピンキリで、一流レストランとなると、ディナーなら一人200ユーロ以上も珍しく無いようだし、ちなみに先日行った「メゾン・ブランシュ」も上の3コースでは100ユーロもしなかったと思うのだけど、これに食前酒としてシャンペン、ワインなどもさすがにお値段も高く、結局一人当たり3万円ほどになったらしいわ。
でもって、余談だけど、この時のお席は中二階の真ん中でベストシートだったみたい~。
それなのに、この日ご一緒したお客様の中には、そんな高級レストランとは知らずに、いたってカジュアルな装いでもって、何と!
運動靴を履いてきたんだよ~。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

まぁ、こういう高級レストランは置いといて、奈々ママ・サリーママたちの
「カジュアルで気取らなくて済む、美味しいレストランが良い!」

とのご希望で行った「バスク料理」の方は3コースで「30ユーロ」、その翌日のフレンチは少しずつ色んなお料理の出るコースで一人「38ユーロ」だったの。

これに普通はお水も有料だし、食前酒・ワイン、チップなどを入れると、ほぼどちらも一人50ユーロ(8千円強)前後って感じね。
そうそう、食後のコーヒーなども別料金ね。
ユーロが強いので、これでも「高い!」
と思うかもだけど、あれだけ美味しいフランス料理は東京にもあまりないし、リーズナブルなんじゃないかな~。
という訳で、美味しい本場のフランス料理を食べに来たくなったかな?

では、頑張って「パリ旅行の為の500円玉貯金」・・・頑張ってちょ!

これはプーママたち御用達のフレンチ料理ね。
奈々ママんちでもう見たと思うけどね~。
マスが1つ空いちゃったので、最後の日に我家で奈々ママ・サリーママに食べて頂いた「牡蠣」の写真を入れちゃった。
^_^;
c0090198_5265895.jpg

で、この「牡蠣」だけど、ある日奈々ママが
「フランスに来たんだから美味しい生牡蠣を食べたかったんだけど、万一旅の途中でお腹を壊したら大変なので我慢したのよね。」
と言っていたのを思い出し、朝近所のお魚屋さんで新鮮なのを買ってきておいたのは良いんだけど、貝のフタを開けて貰うのを忘れちゃったのよ。

それからが大騒動・・・。
どうやって開けるかを三人で考えに考え、結局我家には蒸し器も無いので、フライパンにガラスのフタでは危ないし・・・と、何と!
お酒を振った牡蠣を入れたフライパンの上にまな板を乗っけてフタにして蒸し、それでも開かないのは奈々ママがナイフでこじ開ける・・・。

ってな、ハプニングが有ったのさ~。
いやはや、大変どした。
とっても美味しかったんだけどね。

という訳で、私の「奈々ママ・サリーママのパリ滞在記」はこれにて終了です。
後はお二人のブログで見てね~。
Commented by はなこ at 2007-07-11 09:58 x
シャンママさん~奈々ママさんとサリーママさんのところで素敵な旅を一緒に行った気分で堪能してきました~
牡蠣の貝あけ~~♪
これははなこっちにお任せ~ナイフと軍手さえあれば!!!
見事に開けて見せますわ~~
と・・いいたいところだけど、それはサロマ湖産に限ってかも??
レストラン~タクシーオプショナルツアー500玉を貯めにいそしまねば~
参考に前から持っているはなこっちのパリのガイドブック・・・
よく見ると地下鉄・美術館・・・いろいろ便利に書いてあったけど、料金は全部フランで書いてあった~
先ずは、新しいガイドブックを買いなおさなきゃ~~
Commented by シャンディママ at 2007-07-11 15:18 x
はなちゃん、牡蠣ってホントに開けるのが大変だわね。
前に誰かに貰った開けるナイフが倉庫の方に行っちゃったみたいで無かったのよね。
それにしてもこの牡蠣はどこにナイフを入れて良いのか分らないようなんだったのよね。
で、タクシー料金は日本と同じ位だし、美術館はオルセーで5.5ユーロ、ルーブル6ユーロ、マルモッタン8ユーロだよ。
地下鉄は1.5ユーロ位かな?
500円玉貯金、頑張ってね~。
Commented by サリーママ at 2007-07-11 16:33 x
シャンママ~、今日やっとパリから帰ってきたわ~(笑)
なんとかお盆の前に書き終えようと頑張ったのよ。(我が家は7月のお盆なの)
牡蠣、本当に美味しかったわね~(*^^)v

それにここのフランス料理も本当に美味しかったわよね・・前行った時はお腹の調子を悪くしたのでご馳走らしいご馳走はホテルのコースディナーを1回食べただけだったのでフランがいっぱい余ったの・・で娘たちにちょっと高めのアクセサリーを買ってあげちゃったのよね・・別に残して来たって良かったのにね^_^;旅に出ると気が大きくなるものね(笑)
Commented by マミママ at 2007-07-11 19:30 x
そうか・・・サリーママさんたちもブログで旅行記アップしてるんですね?うっかりしてまちた(*vv)
見てこなくっちゃ~(^m^)
ユーロってまったく・・・マックのお値段も日本と比べたらうんと高いんですよね、テレビでやってました。
ってマックの値段でユーロのすごさを知るって(ーー;)。
でも本場のフランス料理はやっぱり美味しいんでしょうね。
それにしても、最後の牡蠣のハプニングはさすがシャンママちゃんだと思いまちたの(*vv)。
こんなに何事もなくスムースにことが運んでしまうんじゃじぇったいにおかしいもの・・・・(^m^)。
ほんとはもっとハプニング、隠してるでそ!(ーー)
Commented by シャンディママ at 2007-07-11 20:02 x
サリーママ、今見てきたわ。
帰ってからもこうしてママたちのブログを見るのも又楽しいわね。
1粒で2度も3度も美味しいわ。
牡蠣、美味しかったわよね。
今度は絶対に生で食べたいわ。
ちゃんと開けてもらえるフランス語を覚えなくちゃだわ。
それにしてもずっと元気でパリを満喫出来た様で、私も嬉しいわ。
今回はユーロは残らなかったのかしら。
遠慮しないで置いてくれて良かったのよ。
部っ!
サリーママのとこのお盆は7月なんだ~。
Commented by シャンディママ at 2007-07-11 20:09 x
マミママともあろう方が奈々ママ、サリーママの旅のUPを見逃してたの?
ヌカったね。
そそっ、ホントにユーロには泣かされるわ。
マックでさえ日本よりずっと高いんだもの、毎日どれだけ大変か、わっかる~?
近所のスーパーでの買物はほぼ日本の倍よ!
泣けてくるわ。
マックどこの話ではないんだわさ。
ほんでやっぱし、私にハプニングは付き物よね。
後で開けて貰いに行ったら、お店が閉ってたのよ~。
(>_<)
それ以外のハプニング?
有ったかな~。
('Δ')ぼげー

Commented by チョコママ at 2007-07-11 21:17 x
そうそう、涎を出しながらお料理を目で頂いて、料金の事も気に成ってたのよ~エヘッ
流石にシャンママ、よくツボを心得てらっしゃる・・・(o^-^o) ウフッ 最初は高いと思ったけど、美味しくて、飲み物も込みでの8千円強なら納得ね、食べられる時に食べていなくちゃね (^^♪
そんな時が来るのかナァ~トホホ
Commented by シャンディママ at 2007-07-11 21:51 x
チョコママ、やっぱりね。
お金の事って皆聞きたくても聞けないでしょ?
なのでUPしてみたの。
今回はビストロなのでこのお値段よ。
飲み物込みでなら許せる範囲よね。
これがもうちょっと高級になると、とても入れないと思うわ。
ホントにこのユーロ高・・・何とかしてくれ~~~~!

と言いながら、ホントホント、美味しい物は元気な内に食べておかなくちゃだよね。
部っ!
Commented by チャーリーママ at 2007-07-11 22:34 x
ところでシャンママに質問です。
牡蠣を開けて貰うのはフランス語では何と言うのですか?
窓を開けると同じ単語ですか???
教えて下さいね。
習ってもすぐ忘れるけど、、、、、ちょっと聞きたかっただけだけど、、、知りたかったの(?_?)
Commented by シャンディママ at 2007-07-12 05:05 x
チャーリーママ、それが分らなかったのよ。
で、ホントは頼みたかったけど、フランス語しか出来ないおじさんで
「まぁ、いいか。家にひょっとして牡蠣用ナイフが有った様な~。」
と頼まなかったのが運のツキだった訳よ。
今度フランス語の先生に聞いとくね。
^_^;
習ってもすぐ私も忘れるけど・・・。
部っ!
名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2007-07-11 05:12 | シャンママ日記 | Comments(10)

パリに6年、ロンドンに1年、2年前に日本に帰ってきました。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。


by shanmama2