2017年 02月 02日 ( 1 )

マンションのリフォームの為にショールームを色々見てきたんだけど、キッチンはやっぱり蓼科と同じ「クチーナ」に決め、今日はリフォーム会社のインテリアコーディネーターのMさんと午前10時に現地で待ち合わせ、こちらの担当者と4人で打ち合わせ

c0090198_1934645.jpg

これだったら左側にブランディを乗せ、お散歩後のアンヨを洗えそう。
カウンターは傷が付きにくい人造大理石だそうです。

c0090198_1945353.jpg

蛇口がシャワー式にもなるから、ここで軽いシャンプーも出来るかな。

↓キッチンは白基調希望
c0090198_1913347.jpg

c0090198_1918653.jpg

さて、話は変わって

去年蓼科でシャンパパが下血し、急遽東京の病院に検査を受けに帰った時に待合室で昔良く通った近所のお寿司屋さんのご夫婦に会ったんだって。
そして、何と!
そのご主人は「肺ガン」、奥さんの方は「大腸がん」の疑い有り、との事で息子さんと3人で来ていたと聞き、昨日寄ってみたの。

c0090198_19254652.jpg

そしたら、お店に入るなり奥さんが
「お陰様で私の方はガンでは無かったの。
主人は肺ガンでかなりショックを受けていたけど、絶対にもう一度寿司を握る!って放射線治療を頑張って、大分ガンが小さくなって、こうしてお店を開けるようになったのよ。」
良かった!

c0090198_19343186.jpg

シャンパパが
「そういえば(昔良く行っていた近くの)とんかつやが全然別の店になっていたけど?」
「何でも店のシャッターを閉めていた時に突然頭に落ちて、打ち所が悪くて手術が出来なくて、店は出来なくなってしまったらしいよ。」

c0090198_19432929.jpg

人生、何が起こるか分からない。
今を大事に生きなくちゃ、だね。

↓今日も「ポチッ!」と応援、宜しくね
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2017-02-02 19:56 | シャンママ日記 | Comments(12)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2