2017年 11月 10日 ( 1 )

今日は旅行記をお休みして、アルバちゃんの訃報をお伝えします。

皆さんは覚えているかしら。
(ブログ右の方の「以前のブログ」の9月7日の日記)
その後、アルバちゃんは元気にしているかしらと、ふと思ったりしていたんだけど、今日悲しいメールが入りました。

↓アルバちゃん
c0090198_20454333.jpg

アルメルママよりの全文

シャンディママ

こんばんは。
ご無沙汰しております。
東京は11月になり、ようやく気候も落ち着いたようですね。
ブランディちゃんも元気に秋のお散歩を楽しんでいることと思います。

シャンディママ、
愛犬アルバが11月8日にお星さまになりました。
とても元気に過ごしていたのですが、ここ数日でずいぶんと体力が弱ってしまいました。
最期はパパとママと妹のメルシーが見守る中でママの腕の中で静かに天国へ旅立ちました。
体力は弱っていたものの、最期の日まで、ママの手作りのごはんをいつもと変わらずに元気良くモリモリと食べてくれました。
食欲がないということが一度もなく、それは私にとって本当に嬉しいことでした。
パリに引越しをしてからまだ5ヶ月で、これからのノエルも楽しみにしていて、何をプレゼントしようかなあと思っていたのですが、とても悲しいです。
よく頑張ってパリまで来てくれたなとただただ申し訳ない気持ちと感謝の思いでいっぱいです。短いパリ生活でしたが、夏のヴァカンス旅行も楽しみ、そして何より動物に優しいこの国のたくさんの方々に可愛がってもらったなあと思い出しています。
お散歩に出ると、「かわいいわね~」と声を掛けてくれたり、ナデナデしてくれたりと、本当に親切に優しく可愛がっていただきました。
私も日本在住中に比べて、自宅に居る時間がとても長く、ほとんどの時間を一緒に過ごすことができました。
アルバはいつもメルシーのことを気に掛けてくれていたので、妹がパリに慣れるまで頑張って一緒に居てくれたのかなと思います。
保護犬だったアルバはいろいろな経験をしましたがとても勇敢だったなと思います。
そしてとてもとても優しい子でした。
もっともっと一緒にたくさんの時間を共にしたかったなと思ってばかりですが、アルバに心配を掛けないように、笑顔で過ごせるように向きあっていきたいと思います。
お世話になった動物病院の先生が「メルシーにはあなた達の助けが必要だから、しっかりとケアしてあげてね」と仰っていて、泣いてばかりだとイケないと、笑顔を増やしていこうと誓いました。
最愛のアルバが天国に旅立ってしまって寂しくて、悲しいのですが、きっとお友達と楽しく遊んでいますよね。シャンディちゃんにも初めましてのご挨拶ができたかな。
シャンディちゃん、アルバのことを宜しくお願いします。
アルバはブランディちゃんのことを守ってくれていることと思います。
ブランディちゃん、大丈夫だからね。
いっぱい甘えんぼうして、楽しく過ごそうね。

シャンディママさん、皆様には温かく見守っていただき感謝しております。
本当にありがとうございました。
皆様へのご挨拶には少し時間がかかりそうで申し訳なく思っています。ごめんなさい。

シャンディパパ、ママ、ブランディちゃん、
素敵な秋を楽しんでくださいね。

感謝を込めて

c0090198_2049243.gif

暫く便りが無かったので心配していたのだけど、あの後色々辛い日々も有ったのね。

ママからのメールを思い出します。
近くの病院にアルバちゃんが入院した翌日、アルバちゃんが今、お散歩に出して貰っていると聞いて、死ぬほど走って様子を見に行った事。

c0090198_20581327.gif

ママんちの子になれて本当に幸せだったと思う。
そして、ワンコ天国のステキなパリで、沢山の人たちに可愛いと言って貰えて、ママとパパと妹に見守られて最期を迎えられたんだんだもの。

大丈夫!
今頃はお空でシャンディがちゃんとアルバちゃんの事の皆に紹介して上げて、仲良くやってる筈♪
だからママ、心配しないで、少しでも早く元気になってね。

c0090198_21143579.jpg

明日(11日から)又、蓼科です。

「いいね!」
↓と「ポチッ!」してくれたら嬉しいです


にほんブログ村
by shanmama2 | 2017-11-10 21:15 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(15)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2