<   2012年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

シャンディはずっと飲んでいるお薬の副作用も有って、毎日大量にお水を飲むんだけど、今度の心臓のお薬の一つは利尿効果も有るらしいの。

↓写真は先日日曜日の歩行者天国での写真です。
c0090198_265392.jpg

なので、パリに戻って以来毎朝6時に起きて、まず最初のお散歩です。
おしっこを我慢させたくないからね。
その後、4時間おき位に外に出しているの。
c0090198_295687.jpg

と言っても、運動も心臓にあまり良くないという事なので、おしっこをしたらすぐに引き上げたりするんだけど、中々ウン〇をしてくれない時がちょっと大変・・・。

ずっと暑かったので、日中は特に長くは歩かせられないんだけど、前日出てなかったりすると心配で、何度もちょっと歩かせては日陰まで抱っこの繰り返し。
それでもこのところ2日に1回だったりするのよね。
c0090198_2151370.jpg

そして、一見元気そうに見えるシャンディだけど、お散歩中はやっぱり足取りがおぼつかなくて、時々フラッと倒れそうになるの。
先日の事を思い出してドキッ!

トイレは外派のシャンディのお散歩は現在5回、今は一緒には無理なのでブランディのお散歩は別に2回。
何だか日がな一日お散歩しているようで、ちょっと大変ってば大変だけど、頑張ってくれているシャンディがとても愛しい毎日です。
c0090198_2295528.jpg

シャンパパが
「シャンディがやっと持ち直してくれたのは嬉しいけど、毎日薬で寝かせているばかりでは生きているとは言えないと思う。
遠くには無理だけど、シャンディが大好きなソー公園や、近くの歩行者天国にはこれからも連れて行こう。」

もうちょっと涼しくなったら、大好きなソー公園に連れてって上げようと思ってます。

↓シャンディ、頑張れ!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-31 02:36 | シャンママ日記 | Comments(10)

平凡な毎日がいいね♪

今日はシャンディが安定していたので、水曜日恒例のマルシェにブランディと行ってきたの。
c0090198_341797.jpg

c0090198_3413761.jpg

c0090198_342062.jpg

この1か月はバカンスシーズンで、マルシェも生鮮食品のお店がぐっと少なくて、閑散としていたんだけど、ようやく活気が戻ってきたみたい。

今日は↓こんなのを買ったよ。
c0090198_3443146.jpg

今が一番甘くて美味しいトマト各種、オレンジ色のカリフラワー、右側上から「ミラベル」(甘くてとっても美味しいフルーツ)、イチゴ、桃ね。
c0090198_3463914.jpg

それからお魚、ハムなどを買い、我が家に帰ったら

↓Pママ作のこんな可愛いトールの作品が届いていたの。
c0090198_3482855.jpg

メッチャ可愛いでしょ?
(^^)v

他に少しシャンプーなど
c0090198_3492642.jpg

ワンコグッズを送ってとお願いしていたんだけど、絵は
「シャンブランちゃんが二人で並んでお祈りしている絵を描いて一緒に送ったんだけど、それはシャン君へのお見舞いね。
シャン君の事をお願いしているのか、美味しいおやつをお願いしているのか、分からないけどね。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!」

だって。

でもって、一緒に入っていたマグネットは↓これね。
c0090198_35725100.jpg

あ~、今度のは2キロので良かった。
前回は8キロ~10キロ用のが入っていて、強力過ぎて私が持ってドアに近づいただけで私ごと引っ張られてビックラこいたけど、これなら安心だわ。
(*^^)v
ま、私が日本から持ってきたキッチン用マグネットが弱すぎて、絵がずり落ちたので
「出来るだけ強力なのを・・・。」
と言ったのが原因なんだけどね。

Pママ、いつも本当に有難う!!!

シャンディは今日も元気です。
何事も無い、こんな平凡な毎日がいいね。

↓シャンディ、今日も頑張れ!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-30 04:06 | シャンママ日記 | Comments(6)
シャンディをパリの病院まで連れて行く為に、高速を140キロから150キロでぶっとばしながら、シャンパパはシャンディにこんな事も言ってたの。

「シャンディ、シャンディがこれからちょっと頑張ったらサンクス・ギビングデー(11月)だから、お父さんは美味しいターキーを焼くよ。
そのあとはクリスマスだから、又ターキーを焼くからね。
シャンディもターキーは好きでしょ?
そしたらすぐにお正月・・・それからすぐにシャンディの誕生日だよね。
これから楽しい事が一杯続くから、頑張らなくちゃね。」

その言葉の効果かな、シャンディはあれからウソのように元気です。
(*^^)v
(勿論ぬか喜びは出来ないけどね。)

↓今日のシャンディ
c0090198_1443615.jpg

大抵お薬のせいか寝てばかりだけど、最近ちょっと頭が高い方が楽そうなので、先日シャンパパが買ってきた小さな枕に頭を乗せてみたの。
c0090198_1471967.jpg

「あら、ちゃんと使ってるわ。」

と思いながら、暫くして通りかかったら
c0090198_1482264.jpg

いつの間にかブランディがちゃっかり使っているではないの~!

「こら~!お兄ちゃんから取ったんじゃないの?」
c0090198_1495828.jpg

こんな平和な日々が続きますように・・・。

↓シャンディ、頑張れ
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-29 01:52 | シャンママ日記 | Comments(24)
その日は小雨模様で、予報通り朝は涼しかったので、ホテルから車で10分ほどの観光名所に行ってみる事にしたの。

デパートの地下の有料駐車場に車を停め、ちょっと小雨が降っていたのでブランディも一緒にカートに乗せ、まずは「カペル橋」へ・・・。
c0090198_22103.jpg

c0090198_2213369.jpg

c0090198_222383.jpg

c0090198_2231473.jpg

c0090198_2233629.jpg

c0090198_2242386.jpg

c0090198_2245485.jpg

c0090198_2251850.jpg

c0090198_2254696.jpg

橋を降りて旧市街地へ・・・。
c0090198_226174.jpg

c0090198_2264053.jpg

c0090198_2273113.jpg

そこでアメリカから来たという観光客ファミリーとしばしおしゃべりです。
c0090198_229835.jpg

c0090198_2293499.jpg

c0090198_2295568.jpg

このあと、「ライオン記念碑」(←詳しくはここをクリックしてみてね。)を見に向かう途中、シャンディが朝からウン〇をしていなかったので、人通りが少なくなったところで私がカートからシャンディを降ろし、少しお散歩をさせる事にしたの。

暫く何事も無く歩いていたんだけど、突然足がフラつき
パタッ!
と倒れてしまったの。
c0090198_2395794.jpg

驚いて前をブランディとカートを押しながら歩いていたシャンパパに
「大変!
シャンディが~!!!」

シャンパパも驚いて
「とにかく、すぐにホテルに帰って病院に連れて行こう!」
c0090198_2432435.jpg

二人で大急ぎでカートを押しながら走ったんだけど、途中シャンディはうつろな目で私の姿を一生懸命探し、何かずっと言ってるの。

シャンパパが
「シャンディがお母さんに何か言ってるよ。
聞いて上げて。」
と泣きながら言うの。
シャンディはか細くて、ちょっと甲高い声で、確かに一生懸命何か言っているみたいだったわ。

「シャンディ、ちゃんと聞いてるよ。
頑張って!」

と励ましながら大急ぎでホテルに戻り、近くの動物病院を聞くと、木曜日は休みだという。
ネットで検索してくれて、街の中に二時からオープンの病院が有るというので、とにかく車で駆けつけ、受付で緊急なのでと、一番に診て貰える事になったの。

↓刻々と色が変わりながら沈んでいった帰りの夕日
c0090198_511156.jpg

2時丁度に診察して貰った時のシャンディは、診察台に立つことも出来なかったの。
そして、レントゲン検査の結果
「心臓がとても悪くなっています。
ここには超音波の機械が無いので、詳しくは分かりませんが、長くは無いでしょう。」

「と言うのは、今日、明日にもって事ですか?」
「それもあり得ます。」
c0090198_5153389.jpg

私たちはすぐにホテルに戻り、私はそのまま車の中でシャンディをクッションの中に寝かせたまま抱っこして、シャンパパが大急ぎで荷物をまとめてチェックアウト。

病院で先生に、
「もしそうなら取敢えずパリに連れて帰りたい。」
と言ったら、鎮静剤というか、いつもシャンディに飲ませている薬を注射してくれて
「多分5時間程で切れると思います。切れたらいつものお薬を飲ませて下さい。」

途中、シャンパパが
「千葉のブリーダーさんのとこで初めてシャンディに会った時・・・。」
なんて言って泣き出してしまったので

「そんな話、今はやめましょ。
シャンディはまだまだ絶対に大丈夫だから。
運転しながらそんな話をしたら、前が見えなくて事故になっちゃうよ。」

それから、こんな事も言ったの。
「もし、この先又シャンディの心臓が止まったら、今度は逝かせてあげよう。
シャンディは良い子だから、お母さんが逝かないで、と言ったら、又戻ってくるかもしれない。
でも、それはシャンディが可哀想だから止めよう・・・。」

こんな会話が有ったりして二人で大泣きしながらシャンパパは高速を7時間、殆ど休憩も無しでぶっとばしてパリのいつもの病院に着いたのが、午後11時だったの。
途中、祐子さんに病院に電話を入れて緊急に診て貰えるようにお願いして有ったので、すんなり受け付けて貰えました。
c0090198_5293045.jpg

とにかくシャンディを預かります。
と言われ、先生に預けて暫くすると、診察室のドアが開き、
何と!!!
シャンディが私たちの方にちょっとよろけながらだけど、走って来たの~。
\(◎o◎)/!
スイスの病院では診察台に立つ事さえ出来なかったシャンディが・・・!
c0090198_5334100.jpg

とにかく2日間検査入院との事だったんだけど、翌日電話が有り、超音波検査の結果は
「うっ血性心不全」で治療法は無いとの事で、今の症状を薬で緩和するしか有りませんが、とにかく安静と塩分は極力取らせないように、との事でした。

今、シャンディはお陰様で旅行前と殆ど変らないほど元気にしています。
勿論、この先何が有るか分りませんが、このまま一日でも長く一緒に居られたら・・・と願うばかりです。

↓シャンディをこれからも宜しくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-28 02:30 | 海外旅行 | Comments(28)
グリンデルワルトには結局予定通り3日間滞在し、ルツェルンへと向かったの。

↓こんな美しい山と湖などを見ながらね。
c0090198_36337.jpg

c0090198_37448.jpg

c0090198_373626.jpg

c0090198_381117.jpg

c0090198_383567.jpg

c0090198_393976.jpg

c0090198_310590.jpg

c0090198_3103123.jpg

c0090198_311029.jpg

1時間半ほどでホテルに着いたんだけど、チェックインは3時からしか出来ないというので、シャンディも元気だったし、途中、前日焼いたお肉やチーズなどでピクニックをしたりして、そのままルツェルン湖を一回りドライブです。
c0090198_313790.jpg

c0090198_3133238.jpg

c0090198_3135897.jpg

c0090198_3142446.jpg

c0090198_3201894.jpg

そして夕方ホテルにチェックインしたんだけど、室内がとても暑かったの。
日中30度以上有った為、クーラーが無い室内はムンムン・・・。
それなのに小さな扇風機が1つ置いて有るだけ。

↓部屋からの眺め
c0090198_3235695.jpg

この眺めが気に入って決めたホテルなんだけど、ヨーロッパでは4つ星ホテルでもクーラー無しは珍しく無いのよね。
それでも私たちは何とか我慢出来たんだけど、シャンディが異常に暑がったの。

何とか扇風機をもう一台持ってきて貰い、シャンディに2台向けたんだけど、1時か2時過ぎで少し涼しくなるまで寝てなかったみたい。
今考えると、きっとこれも悪化していた心臓には良く無かったのかもね。

外の方が涼しいので、夕方はシャンディはカートに乗せてお散歩したり
c0090198_3283946.jpg

c0090198_3285584.jpg

ベランダに暫く皆でいたりしたんだけど、シャンディのハァハァは続いたの。

心配になって、夜シャンパパがネットで翌日の天気を調べたら、雨模様で最高気温は26度と出ていたのだけど、それでも翌朝、もし暑いようならクーラー付のホテルに変えようと決め、その後のベルンのホテルもクーラー無しだったので、急遽キャンセルし、5つ星のクーラー付ホテルに変えたの。
シャンディの事が心配だったからね。

翌朝は小雨模様で、予報通りに涼しかったのでほっと一息・・・。
今思えば、翌朝にはパリに帰るべきでした。

ただ、シャンディは翌朝もちゃんとお散歩も出来たし、全く異常は見られなかったの。
なので、これならこのままもう1泊しても大丈夫かと、お昼前に車で10分ほどの市内のデパートの駐車場のパーキングに車を停め、シャンブランをカートに乗せて市内観光に出かけたの。

問題はこの後起きたの。
  続く

別に引っ張っている訳ではなくて、話が長くなるのと、写真がまだ整理出来ていない為です。
^_^;

↓「ポチッ!」と応援、宜しくね
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-27 03:16 | 海外旅行 | Comments(14)
c0090198_341354.jpg

大変な事になってしまった今回のスイス旅行だけれど、全てが最悪だった訳ではなくて、シャンディが持ち直しての数日間は、とても素晴らしいひと時でした。

何事も無かったように、シャンディはこうして少しの時間だけだけどお散歩も出来ていたので
c0090198_381595.jpg

c0090198_384738.jpg

シャンブランも一緒に車で10分ほどの村の中心まで行ってきたの。

↓途中の村でのブランディ
c0090198_3115927.jpg

c0090198_3122029.jpg

c0090198_3123726.jpg

c0090198_313066.jpg

c0090198_3132438.jpg

c0090198_3134943.jpg

↓駅
c0090198_325212.jpg

立派な日本語観光案内所も有る位、日本人に人気の観光地だそうです。
シャンブランをカートに乗せて散策中、沢山の日本人観光客に会いましたよ。
c0090198_3293012.jpg

c0090198_3295961.jpg

c0090198_3305824.jpg

c0090198_3311991.jpg

スーパーやお肉屋さんで買い物をしたり、美味しいスイスチョコを買ったり、カフェでランチをしてホテルに戻りました。

翌日はルツェルンに・・・。

シャンディが心配なので、このままパリに戻るか、シャンパパと色々相談したんだけど、何しろここからでは遠すぎるので、むしろ、帰り道方向になるルツェルンに取敢えず1泊した方が楽かも・・・。
と決めたの。
   続く

↓「ポチッ!」と応援、宜しくね
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-26 03:25 | 海外旅行 | Comments(20)
シャンディはその後、まるで何事も無かったように元気になって、私たちはほっと一息・・・。

シャンパパはその後3日間、念願の大好きなこのダイナミックで素晴らしい山の景色を朝から日が暮れるまで、食料の買い出し以外は一歩もコテージから出ないで、飽きもしないでベランダで本読んだり、写真を撮ったりしていたんだよね。
c0090198_2312573.jpg

c0090198_2315238.jpg

c0090198_2321454.jpg

c0090198_2323748.jpg

c0090198_2325720.jpg

c0090198_2332328.jpg

「なんだ、どれも同じ写真ばっかりじゃん~。」
って言ったら
「時間によって山の色が刻々と変わっていて、どれも素晴らしいでしょ。」
だって。
(^^)

ワンコたちもパパにお付き合いで↓こんな感じね。
c0090198_2352472.jpg

私はというと、やっぱりベランダで冷えたビールかワインを飲みながら読書です。
幸せ~♪

こうして何事も無く一夜が過ぎた翌朝の事・・・。

シャンブランだけを置いて朝食を食べに出かける訳には行かないので、私たちはコテージから200メートルほど下の本館のレストランに交代で行くことにしたの。

まずシャンパパが9時に食事に出かけ、私は洗面所でお化粧をしていたんだけど、ふと見るとブランディの姿が見えない・・・。

あれ?
今回はキッチン付のアパートメント、しかも2ベッドルーム、2家族用だったので結構広いの。

そしたら・・・、シャンパパのベッドルームのベランダのドアが開きっぱなしだったのよ!
\(◎o◎)/!

驚いてすぐにシャンパパに電話をし、外を探したけどブランディの姿はどこにも見つからないの。
c0090198_3192236.jpg

こんなとてつもない広い山の中で迷子にでもなったら・・・と思うと心臓はバクバク、涙が流れて来ちゃった。

下から大急ぎで戻ってきたシャンパパと手分けして、私は上の方で人を見かけては
「犬を見かけませんでしたか?
この位の大きさのロン毛のシーズーです。」

誰も見かけなかったと言う・・・。
c0090198_3235128.jpg

親切なマダムが一緒に探してくれたりしたんだけど、
その後10分後位にシャンパパが
「いたよ~!」
とブランディを抱っこして、私に大声で叫んだの。

どうやら、シャンパパの後を追いかけて開いているドアを探し、外に出たものの見つけられず、コテージの方に戻って来たのはいいんだけど、どのコテージも殆ど同じで間違えて隣のコテージの裏口に居たらしい。
ったく~!
ヤレヤレの事件でした。

そして、数日後には又も大変なことが・・・。

   続く

↓「ポチッ!」と応援、今日も宜しくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-25 02:42 | 海外旅行 | Comments(18)
翌日はスイス「グリンデルワルト」に向かったんだけど、今回の旅行で一番シャンディが心配だったのがこの日なの。

翌日からはのんびりゆったりの行程だったのだけど、この日だけは普通道で4時間半・・・。
シャンパパがひょっとして山道だとシャンブランが酔ってしまうかと心配して、結局かなり遠回りだけど、高速で同じ4時間半のコースで行くことにしたの。
それも1時間置きに休憩を取りながらね。

シャンディは初日から大きな彼が寝られるほどのサイズの中が窪んだクッションに乗せて私が助手席で抱え、日が射せば私が地図などでシャンディには当たらないよう、細心の注意を払い、シャンパパと
「お犬様様だわね。」
と笑ったりしながら、5時間半で
c0090198_1315256.jpg

c0090198_1251488.jpg

ようやくホテルに到着です。
 「ホテル キルヒビュール」(←ここをクリックしてみてね)
c0090198_1342958.jpg

本館からフロントの若い女性が、坂上のコテージまで案内してくれたんだけど
c0090198_13525100.jpg

入る前に私がシャンディに取敢えずトイレを済まさせようと、ちょっとだけコテージの周りを歩かせたの。
c0090198_1383423.jpg

すぐにしてくれたので、室内に入ろうとシャンディを抱っこした途端!

 キャ~~~ン!キャ~~~ン!キャ~~~ン!
とシャンディが甲高い、哀れな声で3度鳴いたの。

そして・・・私の腕の中で体を伸ばした姿勢のまま呼吸が止まり、全く動かなくなってしまったの。

突然の出来事に、シャンパパは呆然として
「もうダメだ・・・。シャンディは死んだ・・・。」

「シャンディは死んでない!死んでない!死ぬ訳無い!」
と、私は半狂乱でシャンディの体を揺さぶり続けたの。

そしたら・・・・シャンディが目を開けたの。
生き返ったの。
信じられる~?
息が止まっていたのは1分もなかったかもしれない。
でも、完全に止まっていたのに。
c0090198_1474222.jpg

シャンパパがシャンディをソファの上に乗せたら、何事も無かったように立ち上がって、いつもの笑顔。
というか、ちょっと暑そうだったのでお水を上げてみたら、ちゃんと飲んだの。

その後、呆然と見ていたフロントの女性に
「近くに動物病院は有りませんか?」
と聞くと、日曜日なのでやっていない・・・という。

シャンパパがすぐにアメリカで獣医をしている彼の義妹に電話をしたところ
「診ていないから何とも言えないけど、多分脳溢血か心不全だと思うけど、歯茎の色を見てみて。
ピンクなら多分取敢えず大丈夫だと思う。
白いと危険よ。」
すぐに二人で見てみたら、大丈夫だったの。

そして
「でも、シャンディは今ちゃんと立っているんでしょ?
私の診た犬で、同じ症状でその後1年以上生きた仔もいるから、あまり悲観し過ぎないようにね。」
って言ったらしい。

これからパリに連れ帰る訳にもいかず、取敢えず安静に・・・との彼女の助言に従って様子を見ることにしたんだけど、この後のシャンディは、まるで何事も無かったように元気だったの。
ところが・・・。

↓コテージからの眺め
c0090198_2105716.jpg

c0090198_2123224.jpg

c0090198_2132979.jpg

c0090198_21425.jpg

c0090198_2142613.jpg

  続く

↓「ポチッ!」と応援してね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-24 01:50 | 海外旅行 | Comments(24)

スイス旅行「1日目」

シャンディが倒れた為に、急遽パリに戻って早一週間・・・。
お陰様で今日もシャンディには何事もなく平和な一日で、ようやく私自身も精神的に落ち着きを取り戻しました。

なので、今回の事に至った経緯と、旅行の模様を書いてみようと思います。

旅の初日は「ボーヌ」に一泊の予定なので、出発はのんびりお昼前の11時過ぎでした。
ボーヌには予定通り3時間で到着です。
ホテルに行く前に、少し町の中をドライブし
c0090198_5434750.jpg

c0090198_54639100.jpg

c0090198_5471525.jpg

いつものホテルに・・・。
c0090198_5492943.jpg

c0090198_550839.jpg

c0090198_5503650.jpg

そして、ディナーはシャンブランも一緒にカートでね。
今回はテラス席にしたんだけど、小川に張り出したとてもステキなお席でした。
c0090198_5522535.jpg

c0090198_553636.jpg

c0090198_554455.jpg

c0090198_5543436.jpg

c0090198_555046.jpg

シャンディもご機嫌で、↓こんな笑顔だったのに・・・
c0090198_556086.jpg

翌日には大変な事になるなんて、思いもしませんでした。
  続く

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-23 05:57 | 海外旅行 | Comments(18)

実は・・・・。

実は、スイス旅行の途中で突然シャンディが倒れ、ルツェルンの病院で緊急に診察して頂いたところ、シャンディの心臓が非常に悪化していて、今の状態では長くは持たないだろう、と言われました。
c0090198_23262644.jpg

先生に相談の上、安定剤を注射して頂き、ホテルに戻り、そのまま高速を7時間飛ばしてパリのいつもの病院に入院させました。

翌日のエコー検査の結果、シャンディの心臓の中の4室の内、3室に異常が有り、血液が正常に流れていないという事で、「うっ血性心不全」「弁逆流」の症状を緩和する薬を処方されました。
治す事は出来ない状態で、今は症状を薬で緩和する他無いとの事。

今は小康状態で一見以前と変わりが無いようにも見えますが、いつ、何が有ってもおかしくない状態だそうです。

ただ、私たちに救いなのは、スイスの先生も、パリの心臓の専門医の先生も、これは今回の旅行とは全く関係が無く(引き金になっていないとは言えないかもしれませんが)、普通に生活していても起こりうる状態だったとの事です。

スイスの病院では診察室で立てない状態だったシャンディが、今はお薬の効果か、それなりに歩いて外でトイレも出来るし、食事も美味しいものならちゃんと食べています。
(^^)

とはいえ、予断を許せない状態の為、シャンパパと毎日24時間目を離さないようにしています。
今週一杯はシャンパパは家で仕事をしてくれるそうです。

精神的にまだ落ち着いていない為、文章がまとまっていないかもしれませんがご理解下さいね。
また、お友達の皆様がきっと心配して下さると思いますので、コメント欄は開けておきますが、お返事は書けないかもしれませんので、宜しくお願い致します。


シャンディが絶対にまだまだ頑張れると信じて、ブログ村のエントリーもこのままにしておきます。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-22 00:10 | シャンママ日記 | Comments(27)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2