<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

リンパ腫でした。

先日、シャンディの色々な出来事、そして諸症状考えると若しかしたらメラノーマの再発ではないかと思い、以前パリで良くして頂いていた女性の獣医さんが勤務しているロンドンから1時間ほどの所にある病院で詳しい検査を受けてきましたが
(彼女は現在犬猫のガンの専門医)
結果は、やはり心配していたメラノーマの再発、しかも最悪のリンパ腫でした。

9日間ロンドンに滞在していた義妹からは
「この腫瘍が良性で有れ悪性で有れ、今のシャンディには治療法は無い。」
と言われ、覚悟はしていたものの辛すぎる・・・。

先日行った病院で良性の腫瘍と言われ、ほっとしていたんだけど、その時点ではまだ2センチほどの球状だった腫瘍が今は8センチほどに広がっていて、検査も何か所にも渡って組織検査をしないと分からないものだとの事で、まだ2センチほどの時の検査では、たまたま良性の部分が採れたのではないかと。

↓「Royal Veterinary College」(王立獣医科大学)
c0090198_0384495.jpg

c0090198_040267.jpg

c0090198_0403564.jpg

c0090198_0405425.jpg

c0090198_0411623.jpg

余命は2ヶ月から3ヶ月だそうです。

↓シャンディ、頑張れ!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-30 00:43 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(48)
以前ブログに書いたように、私とシャンブランが寝ているベッド(家具付)が80センチも有って、万一シャンディが落ちたら大変なので、ベビーベッドでも・・・と考えていたんだけど

結局↓これにしました。
買って来てすぐにシャンディをお試しで入れてみたら

c0090198_133271.jpg

c0090198_16346.jpg

寝てくれたので「ヤッター!」
と思ったんだけど、いざ夜このベッドに入れたら
「出して~!」
お昼寝なら時々してくれるんだけど、慣れるまで少し時間がかかりそうです。

そんな事も有ろうかと、これは折り畳み式でとても小さくなるのでいつでも片づけられるし、お値段もお手頃だったから正解だったかも。
(*^^)v

さて、シャンパパの弟夫婦は日曜日にフロリダに帰って行ったんだけど、その前日に
「お世話になったお礼にレストランでディナーをご馳走したい。」
と言ってくれたんだけど、シャンディを置いては出かけられないので、結局我が家で「有るものディナー」になりました。

たまたまマルシェで買った有った鴨肉、いつも買い置きして有るお豆腐などで今年初めての
↓「鴨鍋」~♪

c0090198_1261477.jpg

と、有るものサラダです。
c0090198_127988.jpg

弟夫婦がとっても美味しいと言ってくれて、この大鍋の殆ど全部を4人で完食!
(^^)v
そうそう、シャンパパがマルシェで買ってきた「カニ」が前菜でした。

さて、シャンディですが、今日は久しぶりに朝からささ身を3本も食べてくれて、お散歩でもゆっくりゆっくりだけど、結構良く歩いてくれたよ。

↓シャンディ、頑張れ
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-25 01:33 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(46)
この10日間ほど、シャンディに色々有りました。

心配な事が新たに出来て、その上2日間殆ど何も食べてくれなかったので、先日病院に連れて行ってきたんだけど

c0090198_2058079.jpg

c0090198_20582367.jpg

結局、シャンディに、今して上げられる事は何もなくて、とにかく食べて貰う事。
と言われ、↓高カロリーフードとパピー用フードを幾つか買ってきました。

c0090198_2114714.jpg

その後、これらのフードを少しは食べてくれてほっとしたのもつかの間。
一昨日の午前2時頃
「キャ~~~~ン!」

の鋭い鳴き声に、私もシャンパパも飛び起きてシャンディを見ると、脱力してハァハァ・・・。

去年の夏にスイスで一時的に心臓が止まった時と同じ鳴き声だったので、今度こそダメかもしれない。
と心の中で思いつつ、シャンパパと冷静にまずは以前スイスの先生が飲ませたいつもの鎮静剤(いつもの咳止めの薬)を飲ませて、様子を見ることにしたの。

病院に連れて行っても今の状態では何も出来ないと思うと、前回獣医の義妹が言っていたし、状態が悪化するようだったら、近くのホテルに泊まっている彼女に来て貰おうとシャンパパと相談しつつ。

c0090198_2119874.jpg

朝までシャンパパと交代で様子をみながら、シャンパパに2時間おきに抱っこして外におしっこに連れて行って貰ったんだけど
(時々モゾモゾと動くのでトイレに行きたいのかと)
最初は立つことも出来なかったけれど、2度目には何とか立ってちっこが出来たみたい。

この後、義妹のキャシーが来て診てくれたんだけど、その時には心臓に特に異常はみられなかったのと、少し前に届いた血液検査にも問題は無かったので、このまま暫く様子見する事になりました。

そんなこんなで、以前から決まっていたんだけど、予定通り
27日(金)にシャンディのメラノーマの最後のワクチンの注射を
「Royal Veterinary College」(←ここをクリック)
以前パリでお世話になっていた先生がここにいるので、彼女にお願いする事になっていて、心臓の専門医もいるとの事で検査をお願いする事になっています。

シャンディはもうすぐ17歳で、どうにもならない病気を沢山かかえているけれど、治らないと分かっているけれど、少しでも明かりが見つかればと・・・。

今、シャンディは何とか少し持ち直して、今日も少しだけどお散歩も出来たし、昨夜もそれなりに食べてくれました。

沢山の励ましを本当に有難うございました。

↓シャンディ、頑張れ
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-22 21:49 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(32)

色々有って・・・。

14日(土)から22日(日)までの9日間、シャンパパの弟夫婦がロンドンに来ていて、シャンパパはその間お休みを取って毎日アチコチ案内して回っているんだけど

c0090198_3432019.jpg

c0090198_3433653.jpg

そんな中、シャンディの調子が昨日からあまり良く無くて、2日間殆ど食べてくれません。
今日は先日莉音ママから頂いた栄養剤のチューブ入りを何とか少し舐めさせました。

c0090198_3425398.jpg

義妹は獣医なので、シャンディの様子を毎日診て貰っているんだけど、特に心臓が悪化しているとかではなくて、肺の方の問題だろうと言ってます。
ただ、それなりに安定はしているので、特にして上げられる事はないそうです。
(すぐにどうという事は無いように思うという意味)

「ママ、ご飯まだですか?」
の食いしん坊シャンディに、明日は戻ってくれるかな。

↓「シャンディ、頑張れ
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-18 03:52 | シャンママ日記 | Comments(30)
2年前に初めてシャンディとブランディの歯石を取って貰ったんだけど、あんなにピカピカだった歯が、いつの間にか歯石だらけ。
特にその頃からシャンディはガムとか固いものはあまり食べなくなったからか、歯が2倍の厚さになっちゃった感じでバッチイの。
(>_<)
嫌がってどちらも歯磨きなんてさせてくれなかったからね。

シャンディはもう麻酔をかけて取って貰う訳にはいかないし、歯槽膿漏にでもなったら大変だし。
そんな訳で、私がトライしてみようと先日莉音ママに送って頂いたのが
↓この右側のスケーラーね。
c0090198_1945011.jpg

で、早速シャンディの調子の良い時を見計らって初挑戦!

↓向かって右側の5本は昨日頑張って歯石を取った方。
左側と下の歯はまだです。。
比べてみるとそれなりに綺麗になったでしょ?
c0090198_1961949.jpg

シャンパパに
「シャンディは乳歯がうまく抜けなかったから、歯並び悪いね。」
と言ったら
「シャンディはもうすぐ17歳だよ。歯が有るだけでも偉いよ。」
確かに・・・。
(*^^)v

↓ブランディの使用後
c0090198_19111995.jpg

意外と大人しく取らせてくれたので、結構簡単にこれだけ綺麗になったよ。
歯茎を傷付けないようにそっとスケーラーで何度か上から下に、力を入れ過ぎないように気をつけながら歯石を削る感じでやってみました。

そうそう、このスケーラーは先端が尖ってないので、シャンブランが多少逃げ回ったりして動いても危なく無くて正解でした。
もう少し慣れてきたら奥歯にも挑戦しなくちゃだわ。
こっちは大変そう~。

皆さんも挑戦してみるぅ~?

さて、ちょっとお疲れモードでブログをお休みしていましたが、このまま続くかな。
↓「ポチッ!」と応援宜しくです。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-12 19:28 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(34)
昨日は一度行ってみたいと思っていた「ヴィクトリア&アルバート博物館」
ヴィクトリア女王の夫アルバート公が尽力し、1851年のロンドン万博での収益を元に開館した博物館。
古美術、服飾、工芸品、ジュエリーなどが展示されている。


にtoshikoさんと行って来ました。

↓「ママ、出かけるでしょ。」と疑いの眼のブランディ
c0090198_4392832.jpg

↓シャンディはお散歩とお薬のタイミングを見て、ねんねしたとこでGo!
キッチンまで行かなくてもお水が飲めるように、洗面所の入り口にもご用意させて頂きました。
(*^^)v
c0090198_4394181.jpg

さて、到着です。
c0090198_443920.jpg

c0090198_4433732.jpg

シャンディの心配が有るので、ゆっくり見たら1日かかりそうなとこをささっと廻りました。
c0090198_5212189.jpg

c0090198_5234848.jpg

c0090198_5241417.jpg

c0090198_524552.jpg

c0090198_5252498.jpg

c0090198_5391044.jpg

↓ショップで可愛いカードを発見!
c0090198_526540.jpg

この後、一度ここに既に来ていたtoshikoさんのお薦めで、ウィリアム・モリスがデザインしたというカフェでランチをする事にしたの。

↓ステキな中庭を通ってね。
c0090198_5291678.jpg

c0090198_5294338.jpg

c0090198_5311076.jpg

ブッフェスティルなので好きなものを選んで、カフェで頂きました。
c0090198_5334210.jpg

c0090198_5341741.jpg

お料理も美味しかったし、とても良心的でしたよ。
c0090198_5364846.jpg

又展示場に戻って
c0090198_622375.jpg

c0090198_54242.jpg

c0090198_5423325.jpg

c0090198_543548.jpg

c0090198_5433770.jpg

この博物館の中で一番印象的だったのは、↓これ!
c0090198_5553977.jpg

c0090198_684878.jpg

ヴィクトリア女王が乗られた馬車の模型のようです。
.。゜+.(´▽`)。+.゜+・ポワ~~~ン
c0090198_5562279.jpg

c0090198_612970.jpg

12時に家を出たんだけど時計を見るとあっという間に3時半過ぎで、大慌てでシャンブランの待つ我が家にバスで帰りました。
toshikoさんも一緒にね。
c0090198_612527.jpg

いつもシャンディの心配が有るのでゆっくり出来なくて申し訳なく思いつつ、お茶は我が家でお願いしました。

さて、我が家に着くと・・・シャンディは私たちが帰って来た音が全く聞こえないようでねんねしてました。
良かった!

今日も「ポチッ」と応援、宜しくお願いしますね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-07 04:43 | ロンドン市内観光 | Comments(29)
今日はシャンディの調子も問題なさそうだったので、又もtoshikoさんとお出かけしてきたの。

↓こんなステキな馬車も展示されていたよ。
c0090198_613087.jpg

そんな訳で、今日はちょっとお疲れモードなので、詳しくは明日ね。

ごめんなさい。
コメント欄は「承認制」にさせて頂きます。

↓「ポチッ!」と宜しくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-06 06:15 | シャンママ日記 | Comments(0)
さて、セント・ジェームズ・パークから次に向かったのは
c0090198_3474761.jpg

↓ウェストミンスター寺院です。
c0090198_3511420.jpg

c0090198_3515347.jpg

先日は雨の中を車でささっと通り過ぎただけだけど、今回は近くでバッチリ写真を撮りました。
ここは前回も書いたように歴代の王の戴冠式が行われた寺院でシェークスピアなどの記念碑も有ります。

↓シャンディは気持ち良さそうにすっかりねんねです。
c0090198_3571690.jpg

↓セント・マーガレット教会前のシャンブラン
c0090198_3591336.jpg

鐘の音がロンドンで一番綺麗な教会と聞いたけど、時間が合わずに残念!
でも、教会内のステンドグラスがとっても綺麗でした。
(写真NG)

そして↓国会議事堂&ビッグベンです。
c0090198_413983.jpg

c0090198_42123.jpg

c0090198_445052.jpg

↓シャンパパが「シーズーみたいで可愛いね。」だって。
c0090198_454651.jpg

c0090198_465371.jpg

ここからテムズの川沿いの道を通って帰ります
c0090198_475326.jpg

c0090198_482173.jpg

c0090198_484028.jpg

c0090198_424153.jpg

↓テート・ブリテン(美術館)
シャンパパが大好きなターナーの絵などが展示されています。
c0090198_425760.jpg

c0090198_4285522.jpg

向こうからテムズ川に向かって車のようなものが・・・
c0090198_4295573.jpg

と思ったら、船に変身してました。
c0090198_4303063.jpg

c0090198_430467.jpg

我が家近くになってからパブで一休み・・・。
ここまでの所要時間は約2時間半位かな。
公園でアイスクリームを食べたり、教会をシャンパパと交代で見たり、のんびりゆったりのお散歩でした。

パブで冷たいビールを待っていたら、テーブルの上に↓ハラリ・・・
c0090198_4365274.jpg

ロンドンはもう秋の気配です。

↓今日も「ポチッ!」とお忘れなくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-05 04:02 | ロンドン市内観光 | Comments(10)
さて、先日の続きです。

ヴィクトリア駅からバッキンガム宮殿は近いので、ほどなく到着です。
c0090198_12447.jpg

c0090198_125930.jpg

夏季のみ宮殿の一部が一般公開されているそうで、行列が出来てました。
シャンブランは勿論NGなので諦めたけど、残念!
c0090198_129134.jpg

「バッキンガム宮殿」
18世紀初頭からバッキンガム侯爵の邸宅で有った建物を1761年にジョージ3世が購入。
19世紀前半、ジョージ4世により建て替えられた。
1837年以降、王室のロンドンの住まいとなっている。

c0090198_130518.jpg

c0090198_1344110.jpg

c0090198_135648.jpg

こんな風にシャンブランの写真を撮っていたら、沢山の観光客に写真を撮られたよ。
(^^)
c0090198_1365717.jpg

c0090198_1371737.jpg

c0090198_1385756.jpg

c0090198_1393083.jpg

そして「セント・ジェームズ・パーク」へ
c0090198_148470.jpg

c0090198_1483343.jpg

この公園はロンドンで最も古い歴史を持ち、38万平方メートルも有るんだって。
c0090198_150387.jpg

c0090198_21551759.jpg

c0090198_2155426.jpg

↓1664年にロシア大使から贈られたペリカンが祖先だそうです。
c0090198_1502977.jpg

c0090198_1523824.jpg

c0090198_1531178.jpg

ダイアナ元妃ゆかりのの地を巡るウォーキングコースとして90個のプラークが埋め込まれているそうで
↓これはその1つ
c0090198_1554978.jpg

c0090198_2181589.jpg

c0090198_2183122.jpg

c0090198_2204768.jpg

c0090198_224210.jpg

この公園でもシャンブランは沢山写真を撮られましたよ。
c0090198_262672.jpg

パリでもロンドンでもカートに乗ったワンことロン毛のシーズーは珍しいのか良く写真を撮られるし、ちょっと恥ずかしかったりもしたけど、以前パリで
「人の目なんて関係ないです。
自分たちに必要な物を使えばいいんです。」

と言ってくれた方の言葉に納得!
シャンディを置いて出かけるなんて出来ないし、一緒が楽しいもの。
これからもシャンブランとロンドンのステキを沢山ご紹介しますね。
   続く

今日も「ポチッ!」とお忘れなくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-04 01:39 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(19)
今日は昨日の続きで、シャンブランのお散歩がてらのロンドン市内観光を載せるはずだったんだけど、写真が多くて整理が間に合わないので、別の話題をね。

実は今日、莉音ママにお願いして送って頂いたものが届いたの。
↓まず、これね。
c0090198_348376.jpg

ブランディの涙やけが中々綺麗にならないので、もう1本。
それと「歯石取り」なの。

実はロンドンの動物病院にシャンディの喉に出来た腫瘍の検査に連れて行った時に
c0090198_355810.jpg

もしかしたら歯石がかなり付いているので、ばい菌が喉に入った可能性も有るので、本当は歯石を取った方が良いのだけど、今のシャンディには麻酔をかけてまではしたくない。
と言われたのよね。

腫瘍の方は結局良性だったんだけど
(これについては今月中に最後のメラノーマのワクチンを打つ為に病院に連れて行くので、その時にもう一度診て頂く事になってるの)
シャンディの歯石は確かに凄くたまっているの。

2年前に綺麗にして貰ったんだけど、その後は歯磨きをさせてくれなかったのよね。
これで歯石を私に取らせてくれるか疑問だけど、取敢えず頑張ってみようと「歯石取り」のスケーラーを送って貰ったって訳。
シャンディも怖いと思うけど、私はもっと怖い・・・。
大丈夫でしょうか。
^_^;
皆さんもワンちゃんの歯石、取ってますか?

しかもその料金ですが、1匹300ポンド(45,000円)だって!
シャンブランで9万円~?
\(◎o◎)/!

そうそ、ロンドンに越してきてすぐに、パリでお世話になった女性の獣医さんがロンドンに犬猫のガンの研修に来ていて、我が家のランチに来て頂いたんだけど、彼女によると、ロンドンの動物病院の治療費はパリよりずっと高いんだって。

殆どのワンニャンは保険に入っているらしいので、飼い主も気にしないらしいよ。
なので、研修が終わった獣医さんたちはフランスには帰りたがらないんだって。

でも、彼女は研修が終わるとシャンブランがお世話になっていたパリでは最高の動物病院の一つ「フレッジス」に既にガン専門の獣医として行く事が決まっているとの事。

それと↓これね。
c0090198_49381.jpg

ブランディのおやつは涙やけに良くないかとその後ぐっと減らしているんだけど、これらはシャンディの為のなの。

というのは、午前中に飲ませるべき心臓のお薬を飲ませるのが大変
(薬をすりつぶしてお湯で溶いて飲ませると、咳込んで可哀想なの)
なので、出来ればささ身などをボイルドしたものに隠して食べさせたいけど、朝は中々食べてくれないので、これに包んだら一緒に食べてくれるかな・・・と。
おやつは塩分が心配なので、お薬分位だけね。

もう固いおやつは噛めないので、柔らかいのをチョイスして送って貰ったって訳。
どちらも成功しますように・・・。

莉音ママ、いつも何かと有難う!!!

↓シャンディ、頑張れ!のポチッ!宜しくね。(^^)
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-09-03 04:19 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(20)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2