<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

去年の夏にスイスで突然心臓が止まり、すぐに一旦息を吹き返したものの又倒れ、高速道路をシャンパパがぶっ飛ばしてパリの病院に運んだ日から、1年4か月も頑張ってくれたシャンディ。

↓これは11歳ごろかな。
c0090198_4175791.jpg

シャンパパは
「これからのシャンディは神様からのボーナスだから、大事にしようね。」
って言ったけど、あの時にはここまで頑張ってくれるなんて思えなかった。

シャンディ、本当に良く頑張ったね!

↓大好きだったソー公園・・・良くプーcocoちゃんたちと行ったよね。

c0090198_4232445.jpg

c0090198_4294565.jpg

一番辛かったのは、亡くなる2週間前に定期検査の積りで連れて行った大学病院で獣医のセシールに
「こんなに喉の腫瘍が大きくなっているとは思わなかった。
ガンの薬は全く効いて無かったようです。
今月一杯は持たないでしょう。」

と言われてからの2週間でした。

c0090198_4381779.jpg

その辛さに耐えられたのは、勿論シャンパパとブランディが居てくれた事。

そして、長年のお友達の皆さん始め、初めての方からも沢山の暖かい励ましを頂いたお蔭だと感謝しております
本当に有難うございました。

↓これも11歳ころの写真かな
c0090198_4431162.jpg

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-31 04:44 | シャンママ日記 | Comments(34)
シャンパパから今日メールで私に送られて来たシャンディとブランディの写真↓

c0090198_525485.jpg

シャンディが亡くなる前の最後の長いお散歩の後、我が家に着いた時にシャンパパが携帯で撮った写真なの。
特にシャンディがとても可愛く撮れているので、メールで送ってくれたみたい。
ついこの間までこんな可愛い顔でお散歩も出来たのにね。

そして今日、かおりちゃんからステキなお花が届きました。

c0090198_594886.jpg

c0090198_5101085.jpg

皆さんには何も送らないでね、とお願いしていたので掟破りだけど、やっぱり嬉しかった。
有難う、かおりちゃん。

それにしても、我が家の住所、教えてたっけ?
(*^^)v

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-29 05:13 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(22)
今年はシャンディのいない寂しいクリスマスを迎える筈だったんだけど、急にtoshikoさんご夫婦、そして8年ぶり位のネット友のmakikoさんが8歳のお孫ちゃん(男の子)と一緒に来てくれる事になり、25日は思いがけず楽しいクリスマスデーとなりました。

急にtoshikoさん夫婦と我が家でのディナー、となったので、シャンパパが日曜日の午後
「ちょっと早いけど、美味しい肉屋を2軒見つけたから、今から一緒に買いに行こう。
バスの2階席で市内見物しながら行くと楽しいんじゃない?」

というのでロンドン名物の赤いバスの2階席へ

c0090198_1122354.jpg

c0090198_1125090.jpg

c0090198_1132056.jpg

↓オックスフォード・ストリートのデパート「セルフリッジ」前でバスを降り

c0090198_1141150.jpg

c0090198_1143576.jpg

↓「Marylebone」のお肉屋さんまで歩きます。

c0090198_1165036.jpg

c0090198_1171214.jpg

お店は「The Ginger Pig」と「Chef&Butcher」の2軒

c0090198_1185260.jpg

シャンパパは本当は↓大きなターキーを買いたかったようなんだけど、

c0090198_1191184.jpg

↓このお値段にのけぞりました!
\(◎o◎)/!
c0090198_1214254.jpg

1キロ21ポンドって事はよ、今1ポンドが172円として・・・カシャカシャ・・・
1キロ何と!
「3,612円」ですよ。

日本では毎年10キロも有る大きいのを買っていたから、って事はターキー1羽で36,120円!!!
失敗は許されません。
(*^^)v
で、諦めて・・・牛肉(30日以上寝かせたものだそうです)を2店からそれぞれ買ってきました。

で、↓こうなりました。
c0090198_1253068.jpg

↓先日凛パパから頂いたスペインのイベリコ生ハム
メチャ美味しかった!
c0090198_1254965.jpg

↓チキンライスはtoshikoさんからの差し入れ、ウィンナーソーセージは肉屋さんの手作り
c0090198_128236.jpg

↓そしてステーキを2種類ね
c0090198_131187.jpg

c0090198_1312191.jpg

肉奉行のシャンパパがそれぞれ焼き方を全員に聞いて、バッチリの焼き加減で、皆さん大満足だったみたい。

初めてお会いしたtoshikoさんのご主人様も本当に良い感じの方だったし、久しぶりのmakikoさんとも話が弾み

c0090198_1411712.jpg

8歳のお孫ちゃんが又、とても利発で面白くて、ダジャレ大会
(携帯でせっせと大受けのダジャレを検索して読んでくれるんだけど、8歳でほぼ全ての漢字を読めてましたよ。\(◎o◎)/!)

そんなこんなで、午後5時過ぎにいらした皆さんが帰られたのは午前0時頃でした。

シャンパパが
「今日は皆に来て貰って良かったね。
〇っちゃん(私)があんなに笑ったのを見たのは何か月ぶりかな。」

toshikoさん、makikoさん、来て下さって有難う。

きっとシャンディが呼び寄せてくれたんだよね。
シャンディ、有難う!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-28 01:32 | シャンママ日記 | Comments(18)
もしかしたら1月10日に17歳の誕生日をお祝い出来るかな、と思っていたんだけど、クリスマスの前に逝ってしまったシャンディ・・・。

今年はクリスマスのオーナメントなんて飾る気持ちにはなれなかったんだけど、シャンパパとtoshikoさんのご主人様の仕事のスケジュールが合わず今まで一度もお会い出来なかったのに、急遽25日なら会えるとの事だったんだけどレストランの予約はどこも取れず、結局我が家でディナーになったので、それならと幾つか出してきたの。

c0090198_2361874.jpg

↓toshikoさんに頂いたポインセチアの籠
c0090198_2375727.jpg

↓全体的にはこんな感じ
c0090198_2383937.jpg

そして、25日は私たちの〇〇回目の結婚記念日で

↓シャンパパからのプレゼントのバラとクリスタルの花瓶です。

c0090198_241264.jpg

メインのプレゼントは花瓶の方で、バラは何処のお店も開いて無くて、屋台の花屋でセールだったんだって。
(*^^)v

↓去年プーママから頂いたツリー
c0090198_2424714.jpg

でもって、今日は又も驚きの出来事が!

私が「シャンディのHP」を始めてすぐの頃にお友達になったmakikoさんから突然ブログにカキコミが・・・。
今ロンドンの我が家の近くのホテルにお孫ちゃんと来られていて
「出来ればお会いしたいです。」
\(◎o◎)/!

c0090198_2482743.jpg

シャンディが余命宣告されてから、不思議な事にブログの事など一度も話した事が無いのに10年以上前のシャンディの大親友だったペペちゃんのママから突然カキコミが入ったり、今度は8年ぶり位のmakikoさんが明日ロンドンの我が家に来られます。

c0090198_253596.jpg

シャンディ、君のいないクリスマスは本当に寂しいけど、これも全部君が起こした奇跡かな。
ママとパパが寂しくないように、昔のお友達も呼び寄せてくれているのかな。

シャンディ、有難う。
そして  メリー・クリスマス!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-25 03:00 | シャンママ日記 | Comments(20)
この1ヶ月ほどは特に、食べられなくなってしまったシャンディに何とか食べさせようと、シャンパパはなるべく早く会社から帰ってきてくれて、パパが椅子に座ってシャンディを抱っこ。

私は焼いたお肉にレトルトフード、栄養食、おやつなど5種類位並べて次々に上げてみるんだけど、全然食べてくれなくて

↓写真は昨日久しぶりにブランディを連れて長いお散歩に行ったときのもの

c0090198_3492869.jpg

それでも何度も何度もお口に入れると、根負けしたように100回目位にようやく一口食べてくれて、その後は何とか勢いでおやつをいくつかとかささ身を2本とか食べてくれていたの。

c0090198_3513262.jpg

二人がかりでシャンディの世話をしているのを見てブランディは
「ボクも、ボクも~。」
と私とシャンパパの膝にジャンプしてくるんだけど

「ブランディ、ちょっと待ってて!
お兄ちゃんは病気なの、貴方は後よ!」

c0090198_3561331.jpg

お散歩も毎日シャンディだけでも6回から8回、寝る暇もなく行っていたからね。
ブランディは平日は殆ど無しだったんだよね。
だからきっと寂しかったと思う。

↓お散歩の途中でブランディにそっくりのシーズーに会ったよ。
(写真左 2歳の男の子だって)
c0090198_3593279.jpg

c0090198_3595210.jpg

c0090198_41343.jpg

そしてセシールのアドバイスで、シャンディに最後のお別れはさせてないの。
荼毘に付した後火葬場では車の中で待たせ、小さな骨壺に入って帰って来たシャンディを見せて
「お兄ちゃんが帰って来たよ。」
って言っただけ・・・。

その時少しの間クンクンしていたけど、家に帰ってからシャンディを探す行為はまだ一度もしてないの。
彼なりに分かったのかな。

c0090198_47282.jpg

ブランディ、君も良く頑張ったね!
有難う。
これからは君を今まで以上に大事にするからね。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-24 04:09 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(24)
昨日荼毘に付されるシャンディを家族揃って見送る為に向かった、ロンドンから北東に220キロほどの火葬場に皆で早朝6時半に車で出発し、着いたのは田舎道も有ったりで4時間後の10時半過ぎでした。

c0090198_054158.jpg

c0090198_055647.jpg

c0090198_061217.jpg

c0090198_062948.jpg

c0090198_064852.jpg

そこは私たちが想像していた場所とは全然違って、ステキな広い牧場のようなところの中に有りました。

11時半頃になるので、それまで敷地内をお散歩または待合室でお茶でも・・・、と言われたので、ブランディを連れて少しお散歩する事にしたの。

オーナーさんの自宅も素晴らしかったし、敷地内にはガチョウだのロバ(仔馬?)がいたり

c0090198_015867.jpg

c0090198_0153369.jpg

c0090198_0154819.jpg

時間が来て、初老のムッシュが
「シャンディが逝く前に会いませんか?」
と言ってくれたの。

主治医だったセシールからは
「保管室では有っても、亡くなってから4日も経つとシャンディの様子も変わっていると思うので、最後は会わない方が・・・」
と言われたんだけど、彼が
「シャンディは綺麗なままですよ。でも、どうしますか?」

思い切ってシャンパパと顔を見る事にしたんだけど、シャンディは彼が言ってくれたように何も変わらず、可愛い笑顔のままでした。

c0090198_0212186.jpg

最後のお別れをして外に出て、シャンディがお空に向かうのを見送る為に二人で煙突をじっと眺めていた時の事です。
白い一羽のハトが何処からともなく飛んできて、煙突の周りを静かに飛び回ったの。

思わず
「さすがシャンディね。
白いハトがちゃんとお迎えに来てくれたよ。」
と言ったら、シャンパパが

c0090198_0263219.jpg

「そうだね。
でも、残念だけど、あれはカモメだよ。」
(*^^)v
ここは海から20キロ近く離れている筈だけど、そういえば後で気が付いたんだけど沢山のカモメが敷地内にいたんだよね。

だけどね、その後私が
「それにしても煙が出ないね、最近の機械は出ないようになっているのかな。」

c0090198_0294316.jpg

と言った時に、奇跡が起こったの。

煙突から銀色の紙吹雪のような、流れ星のようなものがキラキラと輝きながら斜め上に空に向かって昇って行ったの!
\(◎o◎)/!

「あれは何~~~?」
シャンパパと驚いて見つめる中、その一つが私たちの数メートル前にハラハラと舞落ちて来たの。

シャンパパが思わず拾って手に取ったら、それは真っ白な粉になってすぐに手から落ちてしまったの。

c0090198_036760.jpg

それが20秒ほど、続いて少し短く10秒ほど、最後に又20秒ほどと全部で3回か4回続いたの。
(途中で切れたのも入れると4回かな)

c0090198_0403268.jpg

まるで夢を見ているようだったし、後でムッシュに聞いてみたけど、そんなのは見たことが無いから分からないって。

あれは、若しかしたらただの灰で、光のマジックだっただけなのかもしれない。
でも例えそうでも、誰も信じてくれなくても、私もシャンパパも、あれはきっとシャンディから私たちへの最後のプレゼントだったと信じているの。

c0090198_043533.jpg

シャンディ、有難う!
そして お帰りなさい。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-21 00:45 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(63)
ロンドン時間明日19日(木)正午頃(日本時間午後9時)、シャンディが荼毘に付されます。

家族で早朝車で出発し、シャンディがお空に逝くのを見守り連れて帰ります。

↓これが最後になってしまった家族揃ってのシャンディの公園でのお散歩
c0090198_3384046.jpg

立つ事さえやっとだったけど頑張ってちっこもしてくれて、最後の最後まで立派でした。

とは言え、殆どカートの中で寝ていたけれどね。
c0090198_4384033.jpg

沢山の励ましや哀悼のカキコミを頂いていますが、涙ばかりでお返事が書けません。
ごめんなさい。

でも、可愛い笑顔のままに旅立ったシャンディと皆さんの励ましで、何とか立ち直れそうな気がしています。
有難う。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-19 03:42 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(34)
12月15日午後5時15分、シャンディがお星さまになってしまいました。

最後の最後まで可愛い笑顔のまま旅立って行きました。

↓去年の今頃のシャンディ
c0090198_22241075.jpg

今はまだ大学病院の安置室に、余命宣告を受けてからtoshikoさんにお願いして一緒に買いに行った白い赤ちゃん用お包みに包まれ、一人では可哀想なのでぬいぐるみのフレンディと小さなクマのぬいぐるみと一緒です。
数年前からシャンディの誕生日の度に書いた私の手紙も印刷して一緒に持たせました。

19日(木)お昼頃に荼毘に付されることになっています。
郊外で遠いのでその日は早朝に車で家族そろってお迎えに行ってきます。

長い間本当に有難うございました。
尚、一切のお心遣いは無いようにお願い致します。

来年6月には本帰国予定でおりますので、その時にシャンディに是非会いに来て下さいね。
by shanmama2 | 2013-12-16 22:33 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(57)
今日はシャンディを2週間置きの定期検査に王立病院の方に連れて行ってきました。
そして、結果は最悪なものとなってしまいました。

その事について、今はまだ心の整理がついていないので何も書くことが出来ません。

長い間シャンディを心配して下さった皆様には本当に申し訳ありませんが、心の整理が付いたらブログに書くことが出来るかもしれません。

どうぞ暫くの間、そっとしておいて下さい。
お願い致します。

c0090198_1335644.jpg

by shanmama2 | 2013-12-07 01:34 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(16)
今日、お散歩前に何気にシャンディを抱っこしたまま体重計に乗ったら
「50.2キロ」

これって、私の1年半前までの体重じゃん。

今度はシャンディを降ろして私だけ乗ったら「45.5キロ」
洋服を着ての体重だから差し引くと45キロ位かな?
ちょっと増えたから、時々一緒にランチしてくれるtoshikoさんと先日の莉音ママの美味しいお料理のお蔭かもね。
(^^)

↓写真は今日の朝焼け(午前8時頃かな)
c0090198_2401131.jpg

それにしても、シャンディ1匹分の体重が無くなったのも有ったのも、一体どこにどう付いていて、どう無くなったんだろ。
不思議だ。

さて、明日(金曜日)は大学病院にシャンディを定期検査の為に連れて行ってきます。
少しずつ大きくなっているシャンディの喉の腫瘍、そして特に内臓への転移が何より心配です。
何事も有りませんように・・・。

↓シャンディ、頑張れ!!!
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2013-12-06 02:49 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(11)

パリに6年、ロンドンに1年、2年前に日本に帰ってきました。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。


by shanmama2