中世の町♪

さて、翌朝ホテル前でワンコたちの写真を撮ったりして・・・
あれ?
ワンコたちが・・・。
写真を撮っている私のそばに走って来ていたのでした。
(^^)
c0090198_16513437.jpg

旅の二日目はアルザス地方の小さな町「RIBEAVILLE」「RIQUEWIHR」「COLMAR」へと向かいます。

ところがこのブログに載せられる写真のサイズに限りが有るし、全部縮小するのは大変なので、縮小した写真を何枚か紹介するね。
c0090198_17345038.jpg
c0090198_17384997.jpg

c0090198_17392324.jpg

↑・・・・スモークハムね。とっても美味しいよ。切り売りで少し買ってきたの。
(^^)
c0090198_17411430.jpg

↑これ、とっても可愛いので買いたかったんだけど、やめたのよね。

c0090198_1744023.jpg

↑二人はここでも大人気♪
c0090198_17461738.jpg

そしてこの日のランチです。
この地方で有名な「ホワイトアスパラガス」ね。
とっても美味しかったわ。
でも、まだ少し早いみたいなのと、お値段も今はパリでもとっても高いの!
それと、やっぱり名産の美味しい白ワインをね~。
(^^)
c0090198_1749316.jpg

ハム・生ハムと一緒に食べると美味しいの!
すっかりハマっちゃったわ。
早く旬になって出回らないかな~。

という訳で・・・・続く。
いつになったら終わるんだ~~~~~!
\(◎o◎)/!
# by shanmama2 | 2007-04-07 17:35 | フランス国内旅行 | Comments(9)

レディ???


c0090198_2315576.jpg
こうして、イスに座り落ち着いた姿を見るとなかなか良い感じの子に成長したな~♪
しみじみ、思うはなこっち~♪
ねえ、ねえ・・そう思うでしょう。
みんなの賛同を得るために、ちょつとお留守番させておいたら、ゴミ箱をひっくり返してゴミ臭くなっていました・・・・
何時になったらレディになれるのかしら?
# by shanmama2 | 2007-04-06 23:01 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(10)
さて、ストラスブルグの町を後にして、この日のホテルへと車で向かったのだけど、分かりにくい場所だったようで、ちょっと迷って遠回りになったのだけど、途中の村が又綺麗なの。
c0090198_21521.jpg

前の席で地図を睨めっこの友達のご主人と運転のシャンパパは大変みたいだったけど、後部座席の私とせっちゃんは
「迷うのも楽しいわね。
とっても可愛い村じゃない?
観光では絶対に来る事もないとこだもの、これも又いいわね。」
と超お気楽コンビ・・・。
(*^^)v

そしてやっと着きました。
とっても可愛いホテルなの。
お部屋はこんな感じね。
c0090198_2112658.jpg
c0090198_21123590.jpg

お部屋は結構広くて、清潔だしとってもステキでしたよ。
大きなお風呂も付いてたし、バスルーム・パウダールームも良い感じ・・・。
可愛いベランダもね。
c0090198_21314916.jpg


そして、皆でそれなりにドレスアップしてディナーに・・・。
そして、そのお食事と言ったら・・・。
シャンパパも私も
「こんな美味しいフランス料理は今まで食べた事無い!!!」
と、大感激したのでした。
そして、この町特産のワインも絶品でした。

それなのに、写真が撮れなかったの、ごめんね。
第一の理由はカメラにバッテリーを入れ忘れたって事なんだけど、それよりも案内されたのが、このホテル内のレストランでも一番良いお席だったし、写真はマズいかな・・・。
って全員の意見だったってわけ・・・。
それにしても全てのお料理が最高だったの。

なのに、フルコースはとても食べられなかったのよね。
メインのお肉はそっとワンコたちに持ち帰ったわ。
(*^^)v
それにしてもデザートのあの「スフレ」・・・・。
あんなにフワフワでなめらかで美味しいのは、生まれて初めて食べたわ。
このホテルはお料理が特に美味しいと評判のホテルだったのだけど、文句なしの満点でした!

という訳で、続く・・・・。

オマケの写真。
翌朝、ホテルの入口のところで飼っているウサギちゃんを追いかけて、小屋から出てこれなくしちゃったブランディね。
(*^^)v
c0090198_21261412.jpg


# by shanmama2 | 2007-04-05 21:05 | フランス国内旅行 | Comments(12)

得意顔~♪

c0090198_23543573.jpg

オヤツ~豚の鼻を両手で捕まえて得意げなクリスティ~
ご機嫌が良いと、こんなポーズを決めてくれます。
ミミたんのものはクリスティのもの、
クリスティのものはクリスティのもの
はなこっちのものは陰に隠れてクリスティのもの・・・
なのです。
それでも、これは私のオヤツよ~~なんて、主張しなくてもよいのにね~
# by shanmama2 | 2007-04-04 23:54 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(6)

ストラスブール旅行♪

パリに来てから初めてのワンコ連れの一泊旅行に行ってきました。

場所は「ストラスブール」(ストラスブルグとも言うようにドイツの影響の色濃い町で人口約25万人)で、「世界文化遺産」として認定されているという都市で、私もシャンパパも初めてなので、とっても楽しみにしていたの。
この町に来る事になったのはね、私とシャンパパのテニス友達夫婦のご主人の仕事で奥さんも一緒にスイスに来る事になり、週末をパリとの中間地点辺りで会おう・・・という事になったからなの。
彼女たちは以前スイスに住んでいたので、この辺りは詳しくて、案内をして貰っちゃったわ。

とは言え、パリからストラスブールまでは車で4~5時間かかるのよね。
蓼科でドライブには慣れている筈だったのだけど、シャンディが途中で酔ってしまったの。
それはともかく、約束の午後1時過ぎに無事に友達夫婦とストラスブール駅で再会です。
早速この古い町並みをお散歩したのだけど、雨上がりで道が濡れていたので、ワンコたちは車の中でねんねしていて貰う事にしました。

それにしても本当に歴史を感じさせるステキな町並みなの。
c0090198_2471136.jpg

そして「ストラスブールのノートルダム」と呼ばれる寺院も素晴らしいの!
c0090198_250722.jpg

そしてライン川の支流の一つであるイル川沿いもとってもステキ!

c0090198_255568.jpg
c0090198_2562079.jpg

c0090198_2565765.jpg

まだまだ皆さんにお見せしたい素晴らしい写真が沢山有るのだけど、ブログで全部を紹介するのはちょっと無理だものね。
本当はHPでもっと大きな写真入りで紹介したかったのだけど、このパソでは色々と・・・大変なのよね。
(*^^)v

という訳で・・・・続く。
# by shanmama2 | 2007-04-04 02:39 | フランス国内旅行 | Comments(14)

おねだり~♪

c0090198_23502398.jpg


写真は、はなこっちをジッと見つめおねだり中のクリスティ~
おねだりしているものは???
お野菜・・・・
はなこっちが台所で野菜サラダを作っていると、必ず野菜をおねだりしにくるクリスティでした。
クリスティ実はワンコのベジタリアン???
というか・・・・お肉をあげたことがないので、お肉はおねだりされないのです・・・
お肉の味覚えられたら・・どんなことになることか・・・
お肉は、缶詰かドックフードに時折混ぜるぐらいなので、お食事中は催促されません~♪
ただし・・・食べこぼし狙いではなこっち父に張り付いているけど・・・ね。
# by shanmama2 | 2007-04-02 23:56 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(8)

クリスティ~♪

クリスティ~
クリスティはクリスティと呼んでも顔をあげない。
クリクリたん~♪とかクックたん~と呼ぶと顔をあげる。
なんで?フルネームで呼ばれると、知らない振りをするのだ???
クリスティがクリスティとフルネームで呼ばれる時は大抵悪さをしたときだから???
クリスティ~~~~~と、頭にアクセントを付けて呼ぶと隠れてしまう。
この、呼び方は100パーセント叱られるときの呼び方だからです。
でも???いい子たん何処にいるの???と、付け足すと、すっ飛んで出てくるクリステイなのでした。
ハイハイ、貴女はいい子たんなのね・・・・
クリスティは甘え上手な、はなこっちのいい子たんなのです~
但し・・・今は「はなこっちのお布団のど真ん中で大イビキをかいて爆睡しているけど・・
よけると、怒りはしなけど・・・フンフン文句を言われそう・・・
c0090198_23524772.jpg

# by shanmama2 | 2007-04-01 23:55 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(6)

パリの骨董通り~その2♪

さて、ランチを終えて、そろそろお店も開いたかな~。
と戻ってみたのに、まだ何処も開いてないの。
で、この骨董店が並ぶ入口の看板を良く見たら・・・。
c0090198_19454656.jpg

一番下の消えかかっている文字なんだけど真ん中の「m」から始まっているとこね。
良くは分からないけど、火曜日(mardi)、水曜日(mercredi)はお休みって書いて有るらしいわ。
ざーんねん!

あっ、そうそう・・・。
又話は飛んじゃうけど、先日家の管理人さんに呼び止められ
「マダム、キッチンの換気扇の電気の修理は月曜か火曜日になります。」
とフランス語で言われたのが、何と分かったんだよ~!
フランス語のレッスンで、丁度この曜日を教わったとこだったんだもん。
「ダッコ~?(分かった?)」
と言われて
「ウィ、ダッコ、ダッコ~。」
とニコニコしちゃったわ。
で、ちゃんと月曜日に直ったの。
どうよ~!

で、話は戻って・・・と。
そのお店の一つに、可愛いシーちゃんが飼われていたの~。
以前プーちゃんと別の場所で会った事があるんだって。
可愛いでしょ?
c0090198_2003560.jpg

という訳で、仕方なく又お散歩&ウィンドーショッピングをする事に・・・。
途中の景色ね。
とっても高級な住宅地の商店街って感じだったわ。
上はホテルやアパルトマンになっているみたい。
c0090198_2091647.jpg

こんな教会もね。
c0090198_206749.jpg


その後、突然雨が降ってきちゃったの。

出かける時には最高のお天気だったんだけど、私は「晴れ女」なのに、プーママってば「雨女」なのよ。
先日もプーママが一人で「ルネ・ラリック展」を見に行った時なんて、大雨だったんだよ。
ブァッハッハ。

という訳で、カフェでお茶をしている間にこのにわか雨はすっかり上がり、元気に帰ったのでした。
楽しかった!

終わり
# by shanmama2 | 2007-03-30 19:57 | シャンママ日記 | Comments(11)

パリの骨董通り♪

プーママが
「シャンママの近くにステキな骨董通りが有るの知ってる?
日本の雑誌とかにも紹介されていて、ステキなとこだし、良い物が沢山有るよ。
たっかいけどね~。」

という訳で、昨日プーちゃんを連れてのプーママと近くの駅で1時に待ち合わせたの。
我が家からホントに徒歩20分もかからないとこだし、途中の街並みもとってもステキなの。
プーちゃんがいつもお散歩に来ている「シャン・ド・マルス公園」を通ります。
エッフェル塔をバックのプーちゃんね。
c0090198_18485342.jpg

シャンディとブランディはお留守番です。
途中シャンディがヘタばったら、とても抱っこしては帰れないからね~。
(*^^)v
お天気も最高で
「ホントに気持ちが良いし、近くにこんなステキなとこが有ったのね~。」
なんて、話していたら程なく到着・・・。
c0090198_18595632.jpg


ところが・・・・!
骨董店は全部閉まっていたの~!
(-_-)
ひょっとしてお昼はお店がお休みなのかも・・・と、私が久しぶりに食べたかった「マクド」でまずランチにする事に・・・。
すると、暫くすると私の背中の席で何やら大きな声で男性同士のいさかいが!
「何?どうしたの?何が有ったの?」

プーママの翻訳によると、どうやら私の真後ろの席で一人で食事をしていた中年ジェントルマンのすぐ側で、お掃除の黒人男性が床にスプレーをシュッシュッと撒きながらお掃除をしたらしい・・・。
それを注意したジェントルマンにお掃除マンが激しく応戦!
という事らしい。
丁度2時頃で、お掃除タイムでは有ったのかもしれないけど、
プーママは
「あれじゃあ、私だって怒るよ。
人が食べてるすぐ側でお掃除の、それもスプレーを撒くなんて信じられないよね。
文句を言って当然よ。
でもね、こっちの人って、そういう事にホントに無神経なとこ有るのよ。」

で、いつまでも大声で食ってかかっているのはお掃除の黒人男性の方だったわ。
日本では考えられない光景だよね。

と、まずは最初のハプニングだったのでした。

という訳で、気分直しに途中に有った花屋さんの綺麗なお花の写真をね。
(*^^)v
c0090198_19185084.jpg


    続く・・・。
# by shanmama2 | 2007-03-29 18:49 | シャンママ日記 | Comments(12)

ミミたん・・・

ミミたん・・・・
まぶしい程に明るい蛍光灯に照らされて、いま静かに仰向けに横たわる。
あたたかな手がやさしくお腹をさすっている。
その手は両前足、後ろ足・・・わきの下と隅々まで身体を執拗に撫で回す。
ミミたんは仰向けの姿勢を維持し、なすがままに身を任せる。
手が右後の足首を掴んだ。もう片方の手は赤い柄のついた銀色に光るものを持っている。
ミミたんの肢体が一瞬こわばる!!
次の瞬間、シャリン~シャリン~という音とともに、白い毛が切り落とされていく。

シャリン・・・シャリン・・

切れの良い赤い鋏は、手際よい動きでミミたんの足の毛をそぎ落としてゆく。
後ろ足、前足、お腹、脇の下・・・・
そして、爪や肉球の間と・・・
その間ミミたんは少し肢体をこわばらせたものの抵抗もせずにその姿勢を維持している。
鋏はすべるようにミミたんの体を這い回る。

シャリン、シャリン・・

程なくして赤い鋏は作業を無事終えた・・
ミミたんは仰向けのまま身じろぎもしない。
手は、切り落とされた真っ白な毛束を簡単に片付けると、今度は白い柄の鋏を出してきた。
ミミたん・・・・白い鋏が目に入った瞬間、恐怖のあまり体中に力が入る。
手が容赦なくミミたんの足を掴み肉球を押し、爪を押し出す。

パチン・・・パチン・・・

白い鋏は、歯切れよくミミたんの爪を切り落とす。

パチン、パチン・・・

後ろ足が終わった、次は前足の番だ。

パチン、パチン・・

その音が聞こえるたび、後ろ足の時にも伝わった爪を切り落とされるときに生じる振動が、前足でも同様に伝わる。
ただ、一つだけ違うのは、あの恐ろしい白い鋏が口を開け、恐怖の振動とともに爪を切り落とす瞬間が目前に見えることだけ。
この、恐怖は言葉に出すことが出来ない。

パチン、パチン・・・

ミミたんは普段はつぶらな瞳を大きく開き、爪が切られてゆくのを見る。
パチン・・パチン・・・一つ、また一つと
爪が一つ切り落とされる度に大きく膨らむ恐怖。
口は大きく開いたまま歪み、硬直した舌が赤く見える。
こわばった体にじっとりと汗がにじむ。

もう、耐えられない!!!

ミミたんの一瞬気が遠くなった瞬間。
手の力が緩んだ。
爪を切り終えたのだ。
ふっ・・・体に入っていた力が抜ける。
ミミたんの恐怖の時間は過ぎ去った。

そして数時間後・・・
はなこっちのお布団で何時もの様に眠りにつくミミたん。
しっかり枕代わりに頭に敷いているのは、先ほどの手です。
何時も不思議なことは、このお手入れをした夜は必ずはなこっちに寄り添うように甘えるのです。
先ほどははなこっちの手に恐怖を味わい・・
今は、安堵の眠りの中のミミたんでした。
c0090198_0381936.jpg

# by shanmama2 | 2007-03-29 00:38 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(6)

パリに6年、ロンドンに1年、3年前に帰国。ロンドンでシャンディはお星さまになってしまったけど、今も私たちの心の中に一緒にいます。現在は東京と蓼科の半々生活を楽しんでいます。


by shanmama2