最悪の結果

実は今日、シャンディの心臓・肺、そして先日見つかった皮膚がんのこれからの治療方法について相談に行ってきたのだけど、結果は最悪なものとなってしまいました。

c0090198_3381796.jpg

シャンディの現在の一番の問題は「皮膚がん」だそうで、これは「黒色腫」(メラノーマ)というもので、すぐに切除しなければ、早いスピードでリンパ節、肺に転移する恐ろしいガンなんだそうです。

なので、本来ならばすぐにも手術すべきところなのだけど、今のシャンディの心臓と肺では麻酔のリスクがあまりに高く、勧められないと言われました。

今後は2か月おきにレントゲンで肺に転移していないかを調べながら、唇の腫瘍は取れるものは以前と同じように取るしか方法は無いとの事。
先日話に出た有効なワクチンは、腫瘍を取った後でないと効果は無いので、シャンディには使っても効果は無いそうです。

c0090198_3454671.jpg

シャンディに勿論永遠の命など望んではいない。
ただ、穏やかにその日を迎えさせて上げたいだけ・・・。

皆さんのご意見やアドバイスなどをお聞きしたいのでコメント欄は空けておきますが、お返事は書けないかもしれませんが、ご理解下さいね。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
Commented by もと at 2012-12-27 07:27 x
 シャン君、ショッキングな結果でしたね。
さぞお力を落とされたことと思います。
永遠の命は無理でも15年よりは16年、17年と1年刻み、半年刻みで先延ばししたいのが人情です。でもそれは苦を続けることにもなるんですよね。
 痛いのを見るのは忍びないですが、そうでないなら静かに見守るのが一番なような気がします。
 ユキの最後1週間ほどは苦しかったようですが、当人はそれを認識していた様子はなく、散歩に行きたがったけど身体が動かない、立ち上がれない状態でした。動物は自分の最後は自分で受け入れているように感じました。
 まだ元気でいるんだからそう先々心配しない方が精神的に良いんじゃないかと思いますよ。
Commented by ごんまま at 2012-12-27 09:38 x
シャンママ~今日はお休みで朝早く 覗いてみたら・・・
ドキドキしちゃった  こんな日がついに来てしまったのね
どうしてもごんの時を思い出してしまいます

なんの励ましも出来ないんだけど・・・・
ごんが病気になった時 何とかしたい その一心で
何度も病院に通ったけど その後色々思い出してみると
やっぱりお家で穏やかな時間が一番の薬だったかな?って
思って辛かった事を思い出します

そう高齢だからこそ考えてあげたい看病があるんですよね
穏やかに過させてあげたいママの気持ち 痛いほどわかります
言葉が見つからない・・・ごめんね 

シャン君大丈夫だよ ママとパパ そしてブランディくんが一緒だよ
Commented by パルママ at 2012-12-27 09:45 x
シャンママ~~
言葉がみつからない・・・・
1日でも、1時間でもながく、シャン君にも、ママやパパにも穏やかなやさしい時間がつづきますように!!
Commented by ラアラ at 2012-12-27 10:27 x
シャンママ、一緒にお祈りしてますよ。
これからのシャンちゃん、今まで通り温かい愛に包まれてやすらかな時間を過ごせますように。
本当にすぐにでもシャンちゃんに会いに行きたいです❤

先日納戸を整理中に古いクッションカバーが出て来ました。
クリーニングのポリ袋を開けた途端、、、ほわ~~んとヨーキーちゃんの匂いが❤、、12年前の懐かしい感覚が甦って思わず頬ずりしました。

Commented by アニー(シーズー)ママ at 2012-12-27 13:02 x
シャン君のために祈っています。
今日病院に行ったとき
先生に聞いたら
高齢の子は転移しにくいっていいますって。
どうかどうかこのままゆっくり穏やかな時間が
流れますように。
Commented by ラムママ at 2012-12-27 14:33 x
こんにちは〜
シャン君は奇跡の仔〜〜
ママのケアで、早期発見、早期治療〜
今まで通りの笑顔を見せてね♡
Commented by サリーママ at 2012-12-27 18:08 x
シャンママ~、いつも同じような事しか言えないけど、シャンくんの為にはママが笑顔でいることが一番だと思うの・・。
辛いでしょうけど・・。
Commented by はなぶさ at 2012-12-27 18:18 x
温かい飲み物 シャンママさんに作ってあげたいな~
Commented by シャンディママ at 2012-12-27 18:52 x
皆さんへ

いつも沢山の励ましを有難う。
先日シャンディの唇から取ったものの病理結果でガンだと分かったものの、昨日先生から聞いた事実は想像以上に深刻なものでした。
老犬がかかりやすい悪性のガンで、特に進行が速く、気が付いた時には手遅れも珍しくないものだそうです。
ただ、シャンディの場合は口腔内ではなく唇なので、少し進行は遅いかもしれないとの事。
2ヶ月ごとのレントゲン検査で転移が見つかった場合には抗癌治療をするか、年齢的に自然に任せるかの選択。
抗癌治療を受けさせると、下痢と嘔吐の繰り返しで大変辛い治療になるそうで、それでも余命をどれだけ伸ばせるか、その前に心臓と肺が耐えられるか。
との話でした。

あの夏以来、シャンディと一緒にいられる毎日は神様からのボーナスと感謝しつつ、前向きに・・・と思いつつ、涙がとまりません。
でも、頑張らなくちゃね。
Commented by じゅうべえママ at 2012-12-27 21:08 x
ママ、辛いね。。。
でも、ママの涙を見るシャン君、そしてブランデイちゃんも辛いと思う。
本当に難しいと思うけど、なるべく涙を見せないであげて欲しいです。
って、言うのは簡単だけど。。。
でも、泣いてることをワンコはちゃんとわかるんだよね。
じゅうべえも、前に私が泣いてたら、ほっぺをペロペロしてくれたんだよ。

医学や科学では、起こりえない奇跡が起こることを信じて祈ってます。
Commented by 奈々ママ at 2012-12-27 21:19 x
私も皆さんと一緒に祈っています。
日本にはシャン君とシャンママの大応援団がいますよ~。
Commented by むーちー at 2012-12-27 22:47 x
何か良い方法はないか・・・
今夜は主人が不在なので、相談できませんが
他のお友達にも情報をもらい、いろいろ調べてみます。
正直、抗癌治療はきついと思います。
個人的には、それよりも 今、麻酔のリスクはあっても
手術した方が良いような・・・とも・・・
心臓に関しては、少し落ち着いているようですし。
少し眠らせて、局麻・・・というわけにはいかないんでしょうか?
シャン君の咳のお薬も 麻薬の一種で、眠たくなるものなんですが。
あああ。こんなふうに考えていても仕方ありませんね。
プロの意見を仰いでみます。
Commented by シャンディママ at 2012-12-27 23:24 x
じゅうべえママ、奈々ママ、むーちーママ、有難う。

今のところシャンディは以前と変わりなく、咳はお薬が奏功しているのか以前より少し楽そうです。

ただ、下唇の元になっている腫瘍が少しずつ大きくなっているようで、むーちーママがおっしゃるように、昨日もシャンパパと「歯医者のように部分麻酔」のような形で腫瘍を取れないかを、近日中に外科の先生に相談してみようと思っています。
昨日の先生は内科医ですが、多分そういう手術は出来ないだろうとの事でしたが。
むーちーママ、是非先生に聞いてみて下さいね。
お願いします。
Commented by ryan at 2012-12-27 23:37 x
ウ~ン、判断難しいよね。
シニアの子にとって手術は厳しいし。
飼い主にとってどうしてあげる事が一番なのか?
ほんと悩むよね。
でもみんな思う事はワンちゃん達が穏やかに過ごせるようにしてあげたいって事ですよね!
シャンディ君にはまだまだ頑張ってもらって病気に勝って欲しいです!
Commented by clara at 2012-12-28 01:00 x
シャンママ いろいろと問題があり大変だと思います
軽い鎮静剤にて電気メスでの除去はしていますが
触ることにより広がるということもありますので
良く考えて 最良の判断をされたらよいかと思います
漢方の塗り薬で腫瘍が小さくなった例もあるようです
抗がん剤治療は体の負担が心配です
私自身が経験しているので...
治療も大切ですが 腫瘍が大きくなってきた時に
上手に流動食などを与える為の工夫なども
考えてあげたらと思います
人間の考えを優先しすぎずに
ワンコの気持ちになってあげるのも愛情だよ
頑張れと言われることが 辛いこともあるから

あまり考えすぎずに 治療だけが全てではないと思いますので

Commented by マリチャ at 2012-12-28 01:25 x
深刻な病気はワンちゃんでも人でも本当に心労が重なり大変な事ですよね。
私も以前看病中でどうしていいかわからない時に、ブログに書く事で自分の気持ちが整理できたり少しでも冷静になれたり、皆様の言葉に助けられたりした事がありました。

応援して下さる皆様の暖かい心強い言葉がシャン君にも届き、少しでもママさんの気持ちが楽になる事と願ってやみません。
Commented by シャンディママ at 2012-12-28 03:31 x
ryanさん、Claraさん、マリチャさん、有難う。

皆さんのおっしゃる事は本当に良く理解できます。
マリチャさんがおっしゃるように、先日はパニック状態だったのに、こうしてブログに書いてみると少しは冷静に順序立てて考えられるようになったのが不思議というか、皆さんのお蔭だと思います。
Claraさん、とても参考になります。
Claraさんご自身の事、そして獣医さんであるご主人様のお仕事を手伝っていらっしゃるので特に説得力が有ります。
シャンディの気持ちになって今後は対処していきたいと思います。

本当に皆さん有難う!
Commented by karinママ at 2012-12-28 08:07 x
シャンママ、心配が尽きない毎日に折れそうになりながらも、素敵なお仲間にささえられ、なんと心強いことでしょう!
カリンのときつくづく思ったのですが、なんて自分の人生(犬生)に寛大なのかしら、静かに受け入れ私達と一緒にいることを、守り通す…教えられました。パパ、ママ、ブランディと一日一日、穏やかに過ごせますように!
Commented by シャンディママ at 2012-12-28 20:35 x
karinママ、有難う。
先代サニーの事を思い出しながら読んでいたら、又も涙が止まらなくなっちゃった。
何が有っても最後までシャンディの尊厳を守りながら、彼にとって最善の道を選ぼうと思ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shanmama2 | 2012-12-27 03:51 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(19)