パリ「ここがシャンブランとの一番の思い出の場所」

アルメルママ宅でのランチの後
シャンパパと歩いて
前回と同じ我が家近くのホテルに向かったんだけど

途中
私達にはシャンブランとの一番の思い出の場所
エッフェル塔の有る
シャン・ド・マルス公園へ


↓これはすぐ近くの高級アパルトマンの塀で

c0090198_16492311.jpg


シャンディが、歩く事が厳しくなってきて
中々トイレが出来なくなってしまった時に
何故か
ここでなら良くウン〇をしてくれたんだよね。
(*^^)v

なので
抱っこして、一日に何回も連れて来たとこなの。

その先に↓が有って

c0090198_16543358.jpg


ここでも良く写真を撮ったんだよね。

↓まだ元気な頃の二人の写真

c0090198_16553978.jpg

c0090198_16563654.jpg


↓シャンディがあまり歩けなくなった頃の写真

c0090198_16565683.jpg


こんな写真を探して載せていたら
涙が止まらなくなっちゃった。

c0090198_16580141.jpg


我が家から徒歩8分ほどのこの公園に
本当に良く来たんだよね。

c0090198_17012471.jpg



あの時、ここであんな事が有った
こんな事が、と思い出が走馬灯のように


↓エコール・ミリテール

c0090198_17010349.jpg



最初にパリに来た時に
すぐ近くまで来たのに、何故か行けなかった場所。
シャンブランの思い出が多過ぎる
「シャン・ド・マルス公園」。

だけど
この日、シャンパパと行って見たら
それはただ懐かしく、やっぱり素晴らしい
世界一の(ソー公園の次かな 笑)公園でした。


そして、ドミニク通りに戻り

c0090198_17101348.jpg

c0090198_17105596.jpg


「ニコラ」(ワインショップ)
でお土産のワインも買ったりして

c0090198_17113007.jpg


ホテルに戻り

ディナーはこの近くのレストランで
「Le Fables de la Fontaine」
(レ・ファーブル・ドゥ・ラ・フォンテーヌ)

c0090198_17172537.jpg

c0090198_17175526.jpg


魚介類料理で有名なミシュラン星付きレストランです。


ここで
パリでもロンドンでも
シャンブランがお世話になった獣医の
セシールとディナーです。
丁度お母様に会いにロンドンからパリに来ていたの。

↓ディナー
c0090198_17205992.jpg


本日のお薦めの魚

c0090198_17211671.jpg


私とセシールはこれに

c0090198_17230248.jpg


↓シャンパパのはイカスミのなんたら
(海苔のおにぎりみたいだけど)

魚の種類は忘れたそうですが

c0090198_17241718.jpg


↓リゾット

c0090198_17263676.jpg

c0090198_17265317.jpg


これとワインもね。

さてさて
ロンドンでシャンディを看取ってくれた
セシール(40代後半?の女性獣医)と
色々思い出話などもしたんだけど

スモーキーの去勢手術の相談をしたら
「実は男の子の場合、去勢手術をしたのと
しないのとで
色々な病気との関連性が確実に有る
とは言えないんです。
なので
ラテン系の国では手術をしない事が
多いんですよ。

アメリカでは殆ど手術ですけどね。

でも、女の子の場合は
避妊手術はした方が良いと思います。」
だって。

スモーキー、どないしよ。
(*^^)v

続く


励みになります。

↓「ポチッ!」宜しくね。(*^^)v



Commented by サリーママ at 2018-11-20 21:26 x
シャンブランの懐かしい画像に胸キュンです。
ママは楽しかったことや辛かったこといろんな想いを抱きながらの
懐かしいお散歩コースでしたね。
獣医のセシールさんとも再会出来たんですね。
ホント、海苔巻きのおにぎりに見えちゃうお料理ですね。
お魚の身体に優しいメニューも良いですね(^^)v
Commented by もと at 2018-11-20 22:17 x
魚は鯵かと思ったけど違いますね。もっと脂が乗って美味しそうです。
毎日、懐かしい人とご馳走三昧で太りそうです。
去勢はした方が良いと思いますが、人それぞれですね。ラテンはしないんですね。オスの側から見れば他人事ですから。ケセラセラですね。
家には猫がたくさんですからどちらも必須です。
Commented by ラムママ at 2018-11-21 15:06 x
こんにちは〜

懐かしい〜シャンくんの歩いた道〜
二人の写真〜いつ見てもゴージャス〜

今のジェントルワンコは手術に対して
消極的なんですね〜
近所のワン友さんが悩んでいたので
(チワワ♂1歳)に教えてあげます〜
Commented by じゅうべえママ at 2018-11-21 15:21 x
セシールにもちゃんと会えてお話しできてよかったね。
きっと、シャン君も喜んだと思うよ。
なんたって礼儀正しくて律儀なジェントルワンだもん♪
去勢については、先日話したように、じゅうべえの場合は
そんな感じでしたー。
Commented by シャンディママ at 2018-11-21 15:25 x
サリーママ、有難う。
ここで撮った写真・・・と探していて見つけたんだけど、私も胸キャンでした。
写真を撮りながら昔を思い出して涙、涙で、エッフェル塔の側まで行く元気が無くなっちゃった。
(/_;)
セシールとは今でもシャンパパがメールでやり取りしていて、再来年 笑
犬猫のガン専門医の学会の為に東京に来るようだし、何だか姪位の感じかな。
海苔巻きおにぎりみたいよね。
でも、美味しかったみたい。
(^^)
Commented by シャンディママ at 2018-11-21 16:00 x
もとさん、こんにちは。
魚はもっと大きいです。
確か鱸だったような。
メチャクチャ高かったしね。
(*^^)v
ご馳走三昧ですが、量的には私はあまり食べてないので全く体重は増えてません。
不思議の事に 笑
シャンパパも減ってはいないけど、現状維持でした。
ワンコの去勢については、病気の事ではそうかもしれないけれど、飼い主的にはケ・セラ・セラとは行かない場合もね。
(*^^)v
そうね、もとさんちの猫ちゃん達には必須ですよね。

Commented by シャンディママ at 2018-11-21 16:16 x
ラムママ、有難う。
ここに立つと、いつもシャンブランの写真のような様子が私には見えるの。
パリではロン毛の子は珍しいから、良く声を掛けられたしね。
(^^)

>今のジェントルワンコは手術に対して消極的なんですね〜
という訳では無くて、セシールの話では
「病気に関してはオスの場合、必ずしも去勢手術をする方がしないよりは、例えばホルモン系やガンに掛かる可能性が少なくなる、とは限らない。」
という事だけど、ただ、問題は繁殖の事も有るよね。
国に寄って考え方に差が有る、という事だと思うの。
ちなみにアメリカのシャンパパの義理の妹の(獣医)は1歳前後でした方が良いと言ってる。
難しい問題ね。



Commented by シャンディママ at 2018-11-21 16:26 x
じゅうべえママ、そうね。
シャンディはパリでもロンドンでも、結局最初から最後までセシールのお世話になったのよね。
だから、きっと側で感謝しながら話を聞いていたんじゃないかな。
律儀なジェントルワンだったものね。
(^^)
去勢の問題は、そうね。
ただね、公園とかで突然!
てな事が有っても困るしね~。
責任取れないもん。
Commented by kimakkun at 2018-11-22 00:47
エッフェル塔とシャンディちゃん懐かしいね〜。
シャンブランちゃんとの思い出が詰まった
公園。
懐かしい公園になれて良かったわ。
「変な話」
去勢手術してなかったワンちゃんの後ろ姿がぶら下がっていて変だったの思い出した(笑)スモーキーちゃんは手術してね。
Commented by シャンディママ at 2018-11-22 09:13 x
キーママ、懐かしいです。
6年間の間に何度行ったか、数え切れない位。
行けば又涙が出てしまうと思うけど、楽しかった思い出の公園と思えるようになった気がします。
うんうん、確かにね。
(*^^)v
可哀想な気もするけど、若しホルモン系の病気をした時に後悔はしたくないしね。
突然の公園事故 笑
なども困るから、年内かな。

名前
URL
削除用パスワード
by shanmama2 | 2018-11-20 18:00 | 海外旅行 | Comments(10)

シャンディ、ブランディの弟「スモーキー」(2018年4月12日生まれ)の日記です。どうぞ宜しく♪


by shanmama2