オーヴェル・シュル・オワーズへ

まずは↓ポチッとね。(*^^)v
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

ボク、シャンディです。
先日の日曜日はお天気がとっても良かったので、又皆でお出かけしてきました。
でも、プーパパはお仕事だったし、プーママはまだ手が痺れると言ってたので、今回はボクたちだけで行って来たの。

場所は「オーヴェル・シュル・オワーズ」といって、「ゴッホ」が最後に住んでいたという町です。

ママは10年近く前に観光旅行で行った事が有るらしいのだけど、パパもボクたちも初めてです。
凛ちゃんのパパに聞くと、車で1時間もかからないっていう事だったんだけど、たった30分で着いちゃったの~。

「ゴッホ」といえば、誰でも知っているのが「ひまわり」という作品で、日本でも有る保険会社が買い取って話題になりましたよね。
その作品は残念ながらこの町で描かれたものではないのだけど、ここで描かれた作品も沢山有るんだって・・・。

そうそう、この町に住んでいてゴッホの友人だった精神科医師の「ポール・ガシェ」って人を描いた作品の一枚は、日本の某製紙会社の名誉会長さんが、何と!
オークションで「120億円」で競り落としたんだって~。
\(◎o◎)/!
でも、今はもう別の持ち主に変ったらしいけどね。

それはともかく、ゴッホが住んでいたのが町の中に有るこの家の屋根裏部屋だそうです。
1階は「ラヴー亭」というカフェのようでしたよ。
c0090198_4253837.jpg

すぐ側には「ゴッホ公園」も・・・。
c0090198_4314862.jpg

「あっ、パパ~、何処に行くの~?」
c0090198_434413.jpg

観光案内の地図を貰いに行ったらしいんだけど、案内所が開いてなかったみたい・・・。
でも案内板が見つかったので、まずは有名な「オーヴェールの教会」を見に行く事にしたの。
c0090198_438101.jpg

c0090198_4383925.jpg

そして坂を上って「麦畑」や「ゴッホのお墓」に向かいます。
途中、こんなに綺麗に桜が咲いていましたよ。
c0090198_4402840.jpg

という訳で、長くなったのでこの続きは又明日ね~。

今日も↓ポチッを忘れないでね~。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
Commented by bunta503 at 2008-02-26 07:29 x
わあー 行ってみたい!アヴィニョンは行ってあのカフェテラスとか見てきたけど ここはノーチェックでしたー!そこでは絵もたくさん見ることができるのかしら?
Commented by ラアラ at 2008-02-26 10:43 x
ママ、画像の視点が素晴らしいわ!
桜の枝なんて狂気の画家が住まう土地にふさわしい枝ぶり!!なんだってことが感じられるわ。
冷たく強い風が吹く地方なのかしら、枝先が撥ねてるし、他の枯れ木の枝もくねってるわ。ゴッホのタッチには原型が在ったのだって感じました…大収穫!ママのおかげだわ、有難う!

パパを目線で追うふたり、建物に差す枯れ木の影…その場の雰囲気までと~っても良く伝わるよい画像ね!感動を覚えるわ。

いつもポチして愛読してるわ♪
Commented by ひな at 2008-02-26 11:59 x
素敵ですねー行きたいなー。
もう桜が。。。。
Commented by 奈々ママ at 2008-02-26 12:21 x
今ゴッホの絵を題材にした推理小説読破中~。
ゴッホが最後に描いたという耳の無い自画像が出てくるのよ。
以心伝心でシャンママがオーヴェールに行ったのかしら~?
この教会素敵!
Commented by めめ♪ at 2008-02-26 12:22 x
ここがゴッホが最後に暮らした町なのね・・・・
静かな田舎町って感じなのね。
行ってみたいわ~。

んで、いつも感じることなんだけど、シャンママのお出かけの時の写真って青空が綺麗~~~~♪
。(∇〃)。o〇○ポワァーン♪

「晴れ女」の面目躍如だわ~♪

サヌキのピッピさん(ぞろめのそらちゃん=55)がシャンママのカキコにレスしてくれてるの~。
うちのBBSを「むさ苦しい部屋」って連呼してるけど・・・・・
( ̄m ̄*)プッ
Commented by サリーママ at 2008-02-26 13:56 x
パリから30分とか1時間ぐらいで素晴らしい所がいっぱいあるのね。
本当に青空がステキ~♪^_^;
パパの行方を見つめるシャンブランの後姿が可愛いね(*^_^*)
Commented by ラムママ at 2008-02-26 14:05 x
キャー、シャン君のご案内
ありがとう〜m(._.)m
ゴッホの絵の教会の生写真
ここに、オランダの女性が出てきそう〜
 
明日のご案内もシャン君かしら?
宜しくです〜<(_ _)>
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 16:47 x
buntaさん、ここには「レリー城」という可愛いお城が有るんだけど、今は美術館になっているので、そこで沢山の絵を見られると思うわ。
セザンヌ、ピサロ、ゴーギャンなどもこの村を描いたという事なので、その絵も有るんじゃないかな。
私たちはワンコNGなので入ってないのよ。
今度、又この美術館もゆっくり見に行ってみたいわ。
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 16:56 x
ラアラさん、それがね。
私も以前行った時には「やっぱり狂気のゴッホ」が描いた絵だわ。
と思っていたんだけど、今回見て、ラアラさんと同じような印象を受けたのよ。
教会も木も、確かに普通の教会よりちょっと歪んで見えたから不思議・・・。
あの「糸杉」だって風が有ったらあんな風に見えるかも~。
なんてね。
それにしてもラアラさん、さすがに
「目の付け所が違う」ね!
(^^)v
いつも愛読、有難う!(笑)
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 16:59 x
ひなちゃん、フランスはホントに素晴らしいよ。
是非、いつか来てみてね。
桜はアチコチで満開のが有るんだけど、きっと早咲きの桜なのね。
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 17:06 x
奈々ママ、そんな本が有るの?
面白かったら本の題名を教えてね。
耳の無い自画像・・・あれはちょっと怖いわ。
耳を切った後でこの村に行ったんだよね。
{{{{(+_+)}}}}ブルブルブル
Commented by はなこ at 2008-02-26 17:07 x
某保険会社のひまわり~見たよ・・・
自画像は怖いかも・・・
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 17:08 x
めめちゃん、そうなのよ。
パリでもやっぱり「晴れ女」の面目は保っているわよ。
(^^)v
ゾロ目のそらちゃんが?
今から見に行くね~。
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 17:11 x
はなちゃん、こんにちは。
「ひまわり」見たの?
そうそう、私もひまわりは好きだけど、あの耳なし自画像は怖い・・・。
(>_<)
Commented by 奈々ママ at 2008-02-26 18:25 x
シャンママ、耳の無い自画像見たことあるけど、たしか包帯してあったわ。
だから怖くは無いわよ。
推理小説はジェフェリー・アーチャーの「ゴッホは欺く」よ。
ニューヨーク、ロンドン、ルーマニア、日本と世界を駆け回るのよ。
読んだら、まとめて送りましょうか?
もう少しで解決しそうなところよん。
Commented by シャンディママ at 2008-02-26 19:20 x
奈々ママ、知ってますよ、その包帯をした自画像。
でも、やっぱり事情をチラッと知ってるから怖いのよ。
ジェフェリー・アーチャーの「ゴッホは欺く」ね。
彼の本は大好きなの。
なので、こっちで買いますから良いですよ。
有難う!
Commented by 夢/(≡・ x ・≡)\ at 2008-02-27 00:18 x
夜な夜な0時過ぎての徘徊夢/(≡・ x ・≡)\で~す。^^

ここがゴッホが最後に住んでた町なんですね~
静かそうな佇まいの中にある教会がまた絵になってステキですネ♪
120億円の絵。。。今は亡きゴッホだけどそのお金はやっぱり子孫に行くのかしら?な~~んてこと考えてしまいました(≧ω≦)b

桜がもう咲いてるなんてすご~い\(◎o◎)/
シャンブラン君達の後姿も風景にマッチして良いわね(^_-)-☆

でもってちばたりあんなさん1位復活~♪
シャンママも頑張ってなの~p(*^-^*)q
Commented by シャンディママ at 2008-02-27 02:37 x
サリーママ、ごめんごめん。
又飛ばしちゃったわね。
今日は少しバタバタしてて・・・。
青空が綺麗でしょ?
この日はホントに暖かくて青空が綺麗だったのよね。
30分で行けると知ってたら、ママたちが来た時にもついでに行けたわね、ごめんね。
シャンブランの後姿、可愛いよね~。
(*^^)v

Commented by シャンディママ at 2008-02-27 02:40 x
ラムママ、ごめんね。
サリーママのもラムママのも読んだのに、途中で電話が来たらそのまま忘れちゃったのね。
最近特に忘れることが多くなって・・・ヤバいわ~。
(>_<)
教会の前を歩いている女性・・・オランダ人みたいだわね。
そういえば・・・。

続きもシャンディがご案内しますよ~。
Commented by シャンディママ at 2008-02-27 02:46 x
夢ちゃん、この120億円はきっと全然関係ないコレクターの元に入ったと思うわ。
子孫たちはまだこんなに有名になるとは思わなくて、きっと二束三文で手放してたと思うもの。
でも、何枚かは持っているのかな~。
このお医者さんは沢山持っていたらしいけど、確か美術館に多くは寄付したと思うわ。
相続税が払えなかったんじゃないのかな。
単なる私の想像だけど・・・。
でも、凄く立派な家がまだ有ったよ。

そそっ、ちばたりあんなさんは1位に復活したんだけど、家はどうなっちゃってるんでしょ。
_(.・)/ ドテ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shanmama2 | 2008-02-26 04:25 | フランス国内旅行 | Comments(20)