シャンディ、ブランディの弟「スモーキー」(2018年4月12日生まれ)の日記です。どうぞ宜しく♪


by shanmama2

2006年 12月 20日 ( 1 )

思ったこと~

12月20日~気ぜわしさと慌しさがスピードUPしてきた今日この頃です~
我が家の愛犬ミミたんとクリスティは???
はなこっちの気ぜわしさを知っているのか?
日中は知らない振りで日向ぼっこの毎日です~
私に少し時間があるのを見つけると???
こぞって、遊べ遊べ攻撃をしてきます~
クリスティは何時もと同じくハードですが、最近はミミたんもクリスティの上前をはねるぐらい凄い!!!!
三歳になる前の最全盛期が戻ってきたかのようです。
そんな、ミミたんも今は7歳~来年は8歳~
ドックフードの表示ではもう、シニアの分類に入ります。
まだまだ、パワー・利発さすべておいて本当はクリスティに負けていないミミたんですが、少しづつ注意をして上げなくてはね~
 7歳、8歳と一緒に時を過ごしてきて思うことは、これから先の時間を計ることはできないけれど、これから一緒に過ごせる時間は今ままで過ごしてきた時間より短いかもしれないということ~
 愛犬の年齢を考えるとき、一緒に過ごした時間が幸せだった分別れのつらさが心を覆います。
別れではなても、病気や怪我・・・小さな体調不良でも心配で心が一杯になります。
 また、そんな現実が押し寄せたときは・・・
眼から涙がとめどなく溢れ、心の中でも止まることなく涙が湧いてきます。
病院に連れて行き、一日中そばを離れないで傍にいてあげたくなります。
でも、流れていく時間と日常生活はそれをすべて許してはくれないのです。
 7年前に先代ミミたんが病気になり、闘病生活のうえ最後を看取り、私が思ったことは~?
仕事や所用で傍にいてあげられてなくても、一緒に幸せな時間を過ごした分だけ絆は深く、思いは離れていても愛犬を包んでいると思います。
 また、愛犬もそれをちゃんと分かってくれていると思います~
もし、家のワンコが病気になったら???
お医者様やお薬の力や食事の力も大きいけれど、一番大きな効き目を持つのは、ママやパパとの信頼関係~一緒に過ごした幸せな時間、優しい手、名前を呼ぶ愛情に溢れた声だと思うはなこっちでした
ミミたんとクリスティ~これから二人と楽しく幸せな時間を重ねて行きたいわ~

デジちゃんが入院中なので~同じような写真ですが~クリスティ~
この子は病気より怪我が心配です??

c0090198_16574373.jpg

by shanmama2 | 2006-12-20 16:57 | Comments(10)