2007年 01月 23日 ( 1 )

シャンディ・・・。

先日パリから帰って、シャンディとブランディがいつものようにマイケルママのところから帰って来たんだけど、マイケルママに
「シャンディが良く咳をしているようなので、一度先生に診て貰った方が良いかもしれませんよ。」
と言われたの。

確かに以前からたまに咳のようなのはしていたんだけど、そんなに深刻なものでも無かったし、ほんとに時たま・・・って感じだったのだけど、言われてみれば以前より咳をする回数が増えたみたいなの。

で、パリから帰って翌日、早速いつもの先生にレントゲン検査などをして貰ったの。
すると
「少し心臓が肥大してきているようですね。
今は大した事は無いのですが、酷くなると大変になるかもしれません。
お薬で症状は大分良くなると思いますが、このお薬は飲ませたら一生のみ続けさせないといけないお薬なんです。
このまま日本にいるのなら、ここでお薬を出しますが、もうすぐパリに行かれるので、パリの先生に処方して頂いた方が良いと思います。
お薬を変えるのも心配が有りますからね。
今すぐどうという事ではないし、今の処はいくらか心臓が肥大している程度ですから、取敢えず息がしやすいように気管を広げる飲み薬で様子を見ましょう。
ただ、これは年齢的な要素が大きいものなので、ある程度は仕方が無いのですが、パリでもう一度検査を受けて下さい。」

との事だったの。
思わず「太りすぎ」が原因かと思ったんだけど、先日測って貰ったら「7.7キロ」で、シャンディの体型でなら問題は無い・・・との事。
でも、1キロほど減量すれば多少は効果が有るかも・・・との事なので、これからおやつを減らさなくちゃね~。
(^^)
今すぐどうという事では無いのだけど、ただこれから引越しでパリまで飛行機に12時間以上乗せるのだけは、さすがに少し心配です。
パリに行ったら、プーママに紹介して貰って、先生に診てもらおうと思っているんだけど、先生・・・・英語が出来ると良いんだけどね。

10歳を過ぎると確かに色々と出てくるんだよね。
12歳のごんちゃんも最近心臓の問題、そして「ヘルニア」で検査次第では今日手術の予定とか・・・。
無事に手術が終るといいね。

ごんママは先生に
「ごんちゃんがもっと若い時に去勢手術を受けていたら、もしかしたらヘルニアの方はならなかったかも知れない・・・。」
と言われたとの事で、若しもっと早くそういう事を知っていたら手術を受けさせていたのに、この年で手術なんて、ホントに心配で・・・。
と言ってたわ。
去勢手術をしていたらそうならなかったかどうかは分らない事だけど、確かに周りには手術を受けなかった子に色んな泌尿器系の病気になった子は多いの。
アメリカで獣医をしている義理の妹にも
「子供を取らないのなら、絶対に去勢手術はした方がいい。」
と言われて、家は二人共1歳未満で手術をしたけどね。

とにかく、シャンディもごんちゃんも、そして皆さんの愛犬たちも元気でずっと長生きして欲しいよね。

今日のシャンディです。
元気で相変わらず食欲は大有りなので心配しないでね。
(^^)
c0090198_194142.jpg

by shanmama2 | 2007-01-23 19:04 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(22)