シャンディ、ブランディの弟「スモーキー」(2018年4月12日生まれ)の日記です。どうぞ宜しく♪


by shanmama2

2012年 08月 28日 ( 1 )

その日は小雨模様で、予報通り朝は涼しかったので、ホテルから車で10分ほどの観光名所に行ってみる事にしたの。

デパートの地下の有料駐車場に車を停め、ちょっと小雨が降っていたのでブランディも一緒にカートに乗せ、まずは「カペル橋」へ・・・。
c0090198_22103.jpg

c0090198_2213369.jpg

c0090198_222383.jpg

c0090198_2231473.jpg

c0090198_2233629.jpg

c0090198_2242386.jpg

c0090198_2245485.jpg

c0090198_2251850.jpg

c0090198_2254696.jpg

橋を降りて旧市街地へ・・・。
c0090198_226174.jpg

c0090198_2264053.jpg

c0090198_2273113.jpg

そこでアメリカから来たという観光客ファミリーとしばしおしゃべりです。
c0090198_229835.jpg

c0090198_2293499.jpg

c0090198_2295568.jpg

このあと、「ライオン記念碑」(←詳しくはここをクリックしてみてね。)を見に向かう途中、シャンディが朝からウン〇をしていなかったので、人通りが少なくなったところで私がカートからシャンディを降ろし、少しお散歩をさせる事にしたの。

暫く何事も無く歩いていたんだけど、突然足がフラつき
パタッ!
と倒れてしまったの。
c0090198_2395794.jpg

驚いて前をブランディとカートを押しながら歩いていたシャンパパに
「大変!
シャンディが~!!!」

シャンパパも驚いて
「とにかく、すぐにホテルに帰って病院に連れて行こう!」
c0090198_2432435.jpg

二人で大急ぎでカートを押しながら走ったんだけど、途中シャンディはうつろな目で私の姿を一生懸命探し、何かずっと言ってるの。

シャンパパが
「シャンディがお母さんに何か言ってるよ。
聞いて上げて。」
と泣きながら言うの。
シャンディはか細くて、ちょっと甲高い声で、確かに一生懸命何か言っているみたいだったわ。

「シャンディ、ちゃんと聞いてるよ。
頑張って!」

と励ましながら大急ぎでホテルに戻り、近くの動物病院を聞くと、木曜日は休みだという。
ネットで検索してくれて、街の中に二時からオープンの病院が有るというので、とにかく車で駆けつけ、受付で緊急なのでと、一番に診て貰える事になったの。

↓刻々と色が変わりながら沈んでいった帰りの夕日
c0090198_511156.jpg

2時丁度に診察して貰った時のシャンディは、診察台に立つことも出来なかったの。
そして、レントゲン検査の結果
「心臓がとても悪くなっています。
ここには超音波の機械が無いので、詳しくは分かりませんが、長くは無いでしょう。」

「と言うのは、今日、明日にもって事ですか?」
「それもあり得ます。」
c0090198_5153389.jpg

私たちはすぐにホテルに戻り、私はそのまま車の中でシャンディをクッションの中に寝かせたまま抱っこして、シャンパパが大急ぎで荷物をまとめてチェックアウト。

病院で先生に、
「もしそうなら取敢えずパリに連れて帰りたい。」
と言ったら、鎮静剤というか、いつもシャンディに飲ませている薬を注射してくれて
「多分5時間程で切れると思います。切れたらいつものお薬を飲ませて下さい。」

途中、シャンパパが
「千葉のブリーダーさんのとこで初めてシャンディに会った時・・・。」
なんて言って泣き出してしまったので

「そんな話、今はやめましょ。
シャンディはまだまだ絶対に大丈夫だから。
運転しながらそんな話をしたら、前が見えなくて事故になっちゃうよ。」

それから、こんな事も言ったの。
「もし、この先又シャンディの心臓が止まったら、今度は逝かせてあげよう。
シャンディは良い子だから、お母さんが逝かないで、と言ったら、又戻ってくるかもしれない。
でも、それはシャンディが可哀想だから止めよう・・・。」

こんな会話が有ったりして二人で大泣きしながらシャンパパは高速を7時間、殆ど休憩も無しでぶっとばしてパリのいつもの病院に着いたのが、午後11時だったの。
途中、祐子さんに病院に電話を入れて緊急に診て貰えるようにお願いして有ったので、すんなり受け付けて貰えました。
c0090198_5293045.jpg

とにかくシャンディを預かります。
と言われ、先生に預けて暫くすると、診察室のドアが開き、
何と!!!
シャンディが私たちの方にちょっとよろけながらだけど、走って来たの~。
\(◎o◎)/!
スイスの病院では診察台に立つ事さえ出来なかったシャンディが・・・!
c0090198_5334100.jpg

とにかく2日間検査入院との事だったんだけど、翌日電話が有り、超音波検査の結果は
「うっ血性心不全」で治療法は無いとの事で、今の症状を薬で緩和するしか有りませんが、とにかく安静と塩分は極力取らせないように、との事でした。

今、シャンディはお陰様で旅行前と殆ど変らないほど元気にしています。
勿論、この先何が有るか分りませんが、このまま一日でも長く一緒に居られたら・・・と願うばかりです。

↓シャンディをこれからも宜しくね。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
by shanmama2 | 2012-08-28 02:30 | 海外旅行 | Comments(28)