フォンテーヌブロー~♪

さて、バルビゾン村の先に森が有ってランチを食べるのにはピッタリだという事で、そこで「お弁当」を食べる事にしたの。
いつもお弁当はプーパパにお任せばかりで申し訳ないので、急遽冷蔵庫に有ったもので、今回は私がお弁当を作ったの。
大したものは無いけど、例の「ニンニク醤油漬け紫蘇おにぎり」もね。
^_^;
c0090198_5393822.jpg

でもね、翌朝10時に炊き上がるように炊飯器をセットした筈が・・・
「〇っちゃん、おにぎりは今晩の内に作るの?」
「えっ?明日の朝の積りだけど・・・?」
「だって後10分で炊き上がるよ。」
( ̄□ ̄;)ガーン

てな訳で、「焼きおにぎり」になっちゃったの~。
右は梅干入りね。

そしてこの後は「フォンテーヌブロー」へ・・・。

<フォンテーヌブロー>
フォンテーヌブローは王族の屈指の狩猟場であったが、16世紀初頭イタリアの遠征に勝利したフランソワ一世がイタリアからルネッサンス芸術家たちを連れてきて、フォンテーヌブローの古い館を宮殿に変えた。
その後もアンリ4世、ルイ14世、ナポレオン1世など代々の主によって増改築され、その為宮殿を一周するだけで中世から近代までの建築様式を見る事が出来る。
c0090198_5593266.jpg
c0090198_624987.jpg

c0090198_631331.jpg

ところがここは「ワンコNG」・・・。

なので、シャンパパたちは入り口で待っててくれて、私とプーママはチラッと建物の外の写真を撮って・・・終わりね~。
c0090198_653558.jpg

でも、とっても楽しかったわ。

帰りの車の中の3兄弟ね~。
ホントに偶然のボーダーのおソロお洋服だったの。
疲れてウトウト・・・、可愛いでそ?
(*^^)v
c0090198_68067.jpg

皆大満足の一日でした♪

    終わり
# by shanmama2 | 2007-05-15 05:39 | フランス国内旅行 | Comments(15)

訓練中!!!

昔、映画のワンシーンで愛犬と飼い主(可愛い少女)がお互いに駆け寄り、ワンコが少女にジャンプで飛びつき互いに、抱き合うシーンに憧れたことはないだろうか???
はなこっちは昔、コリー犬でそれをやることを夢に抱いいた時期が・・・
しかし、はなこっちが大人になったころはハスキーブーム♪
ハスキーのフレンドリーさに惹かれてハスキーのはなちゃんで試みることに・・
しかし!!!あの、お調子者のハスキーに勢いよく飛びつかれたら?
ひっくり返って尻餅をつくか?角度がハマれば頭突きになってしまう・・・
痛い・・・・人間に飛び掛る癖がついてしまうといけないので渋々あきらめました。
そこで!!!ジャンプといえばクリスティ~
シーちゃんの癖にはなこっちの腰まで優に届くジャンプ力~
よし!!!!!
クリスティで再チャレンジ~
とりあえず第一弾は大成功~
クリスティは抱っこして欲しいときジャンプで飛びついてきます。
そのとき、膝を少し曲げ
「抱っこ~」
といい、両膝を叩き手を広げたらそのタイミングで飛びついてくるようになりました。
(気が向いたときだけだけど・・・・)
でも、ひとまず「ジャンピング抱っこ~♪」第一段階成功~
次はクリスティが勢い良く駆け込んできたときに、ジャンプで抱っこを訓練せねば・・・
でも、これも失敗すると鼻に頭突きが入るのだけれど~
映画のワンシーン目指してがんばるわ~♪

写真はとりあえず昨日回転寿司のサーモン136円也~

c0090198_15532184.jpg

# by shanmama2 | 2007-05-14 15:55 | クリスティ&ミミ日記 | Comments(13)

バルビゾン~♪

昨日は久しぶりにワンコたちを連れて、大好きな「ソー公園」に・・・と思っていたんだけど、朝から一雨来そうな怪しい天気・・・。

で、朝プーママたちが
「何だか雨が降りそうだし、ソー公園は広いから途中で雨になったらプーちゃんは良いけど、お宅のご子息達は大変でしょ?
場所を変える?」

という訳で、急遽私たちがまだ行った事の無い「フォンテーヌブロー」に行く事になったの。

途中に「バルビゾン」という、可愛い村に寄る事にしたの。

「バルビゾン」
1830年~60年、美しい森とのどかな田園風景に魅せられて、若く無名の画家たちがこの小村に集まった。彼らは「バルビゾン派」と呼ばれ、後に印象派の土台となった。
その中にはコロー、ルソー、ミレーなどがいる


ホントに可愛い村でしたよ。
ミレーの「晩鐘」「落穂拾い」などもここで描かれたらしいよ。
ミレーは35歳の時にパリから一家揃ってこの村に移り住み、村人と一緒に農作業をし、残りの時間に絵を制作していたんだって~。
レストランの看板が「晩鐘」の絵になっていました。
(^^)
c0090198_1728967.jpg

そして村はこんな感じね。
c0090198_1729893.jpg
c0090198_17294019.jpg

c0090198_17313899.jpg

c0090198_1732454.jpg

そしてギャラリーも沢山・・・。
c0090198_17324363.jpg

c0090198_173385.jpg

c0090198_17333637.jpg

で、最後にワンコたちの写真もね~。
c0090198_17362877.jpg


  続く・・・

次回は「フォンテーヌブロー」です。
お楽しみにね~。
# by shanmama2 | 2007-05-13 17:19 | フランス国内旅行 | Comments(9)

パリ、わんこ事情♪

パリではノーリードのワンコが実に多い。

いつものようにシャンディ&ブランディを連れてお散歩をしていると、何処からとも無くワンコが現れて、二人にまつわり付いてくる。
それが大型犬だったりすると、思わずこちらは緊張してしまうのだけど、そうすると、又どこからともなく口笛が「ヒュッ!」
となったり、犬を呼ぶ声がして、ワンコはすぐに飼い主の元に・・・。
これはほとほと感心するほどだ。

先日もじゅんちゃんと近くのイタリアンのお店の外のテーブルにいると、じゅんちゃんが
「あら、あの犬は何と言う犬種ですか?
可愛いですね。」

で、はす向いの方に目をやると白い犬3匹、黒っぽい犬一匹の4匹をノーリードで連れた女性がパン屋さんに入って行ったの。
そして、お店の入り口辺りで何か号令・・・。
すると
c0090198_451377.jpg

この通りよ~。
ちょっと黒っぽい子は見えにくいんだけど、ピシッと整列だもの~。
家のワンコたちと大違いだよ。
^_^;

聞くと、パリでは犬のしつけは相当厳しいとか・・・。
ついでに飼い主の方のしつけもちゃんとして、せめて「ウン☆」位は拾って欲しいものだけどね。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

でもね、先日ケンママからのメールで、近所に住むケンちゃんと同じパピヨンちゃんがノーリードでお散歩中に車に轢かれて死んじゃったんだって。
やっぱりいくらしつけが出来ていても、何が起こるか分らないものね。
皆さん、ノーリードだけは止めましょうね。

この帰り道の事。
「さくらちゃん、さくらちゃん。良い子ですね。」
の声にふと見ると・・・。
c0090198_4121384.jpg

片言の日本語でワンちゃんに話しかけていたフランス人のおじさんが飼っているさくらちゃんに会いました。
パリで柴犬を見たのは初めてだな~。
可愛かったよ。
又会えるといいな。
(^^)
# by shanmama2 | 2007-05-12 04:13 | シャンママ日記 | Comments(12)

GW中の出来事~

c0090198_2381860.jpg
GWの間の出来事・・・
GWはなこっちがするしている間、二人はそれなりにいい子にしていたらしい~
でも、周囲では悲しい出来事が?
はなこっちの親戚の家のハスキー犬リンちゃんが虹の橋を渡ったのでした。
リンちゃんはブールアイのシルバーの毛色のハスキーの代表の様な姿をした女の子。
年齢は???子供の頃からそこの家の子なのに、リンちゃんが何歳だったかは誰も知らない・・
ただ、天寿をまっとうしたと思われる年齢だったことは間違いない・・
前日までは本当に元気だったのに、翌朝には冷たくなっていたらしい。
おばあちゃんがご飯とお水を上げ、夕方にはお散歩、そして退屈なときはお父さんの大事な植木を掘り起し、それなりに楽しい日々を過ごしていました。
 そんなリンちゃんが突然お星さまになってしまったのです。
はなこっちが熊本から帰ってくるとリンちゃんの訃報と共になぜか興奮気味で静かに怒りをこらえているはなこっち弟が・・・母も口を濁して様子がおかしい??
??????
リンちゃんの家族・・・お庭の敷地は広いのに、自分の敷地に埋めるのに都合が悪いので、はなこっちの家の敷地のどこかに埋葬してくれとTELをしてきたらしい。
?????
はなこっち弟は、怒りを覚えながら遠回しに断った。
結局、リンちゃんは荼毘にふされることに・・お骨は、霊園においてきたそうです。
さて、この心理・・・
?????
リンちゃんを埋葬できるスペースはあるのに他人の家の敷地に埋めて欲しいと願い、お骨は欠片も残さず霊園に・・・・
昨日、色々リンちゃんのご家族の言い分は色々聞いたけど、リンちゃんの愛情は本物だけど、その後のことが、イマイチ理解できないはなこっちでした。
せめて、お骨欠片の一つでもリンちゃんの大好きな川原に散骨してあげればいいのにね~・

写真はクリスティ・・・この後姿は悪巧みを思案中!!!
# by shanmama2 | 2007-05-11 23:08 | はなこっち日記 | Comments(11)

お~シャンゼリゼ~♪

昨日、プーママが
「良かったら、私がパリで一番親しくしている香港のお友達が中華のお店でバイトしているんだけど、一緒にそこに食べに行かない?
あまり美味しいとは言えないけど、安くてそれなりに食べられるよ。
久しぶりに彼女に会いたいし、シャンママにも会わせてみたいのよ。」

という訳で、昨日はそのお店にランチに行って来たの。
そのお友達はとっても明るくて可愛い感じの方だったわ。

ところが・・・。
私が何か頼もうとすると
「あっ、それ止めた方がいいよ。前に食べたけど、美味しくなかったから。」
別のを頼もうとすると、今度は注文を取りに来たお友達が
「あっ、それ、美味しく無いよ。」

お店の中国人のオーナーさんも回りも日本語が分らないのを良い事に言いたい放題。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
で、結局食べたのは春巻きと酢豚だったんだけど、プーママのゴチなのに、こう言ってはなんだけど確かに美味しくなかったでつ。
(*^^)v
こりはプーママのメイン料理ね。
c0090198_0395778.jpg


で、お店のバイトを早めに切り上げたお友達と三人で、そのまま近くの「シャンゼリゼ」へ・・・

ほんで、
   ♪おぉ~シャンゼリゼ~
と昔歌っていた可愛いダニエル・ビダ☆ちゃんに、プーママもお友達も前に会ってるんだって~。
「小さい時は可愛かったけど、今は普通のおばさんで誰も気がつかないと思うよ。」
だそうでつ・・・。
(*^^)v

で、凱旋門の前の広い通りの真ん中で、こんなアジア人がいたよ~。
車がビュンビュン通る道の真中で凱旋門をバックに写真なんか撮ってる人たちが・・・。
\(◎o◎)/!
さて、誰でしょう?
ヒントはピンクのを着ている方が「プ」の付く方です。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
c0090198_0474620.jpg


でね、三人で「ラデュ☆」のお店がコ゜ージャスでデザートが美味しいというので、お口直し・・・おっと失礼!(このセリフは二人も言ってまちた)
に行ったんだけど、お店はゴージャスでステキだったんだけど、ちょっと甘すぎて食べ切れなかったわ。
c0090198_0542474.jpg

中のクッキーのようなのがアイスクリームでふにゃけて益々増えていくようで、食べても食べても減らなかったのよ。
真ん中のクリームはメレンゲでつ。

それは良いとして、担当の男の子の態度が悪すぎ~!
なんか観光客をバカにしているような態度で、ホントに感じが悪かったんだわ。

とはいえ、楽しい一日でした。
最後にフランスの国旗がとっても綺麗にハタめいていた凱旋門の写真をね~。
c0090198_10482.jpg


# by shanmama2 | 2007-05-11 00:58 | シャンママ日記 | Comments(21)

ごんちゃん~♪

c0090198_2312512.jpg

ごんちゃん~
ごんちゃんは熊本在住のシー・ズーの男の子です。
九州男児の見本のような子です。
普段のごんちゃんは、ママとパパの仕事中は1階の別宅でお留守番し(ごんパパの実家)、通常は2階を本宅としています。
別宅ではおじいちゃんと、おばあちゃんに甲斐甲斐しく世話をされ、部屋から庭木を眺めたり、おばちゃんのイスを占領し悠然とすごしているようです。
パパとママがお迎えに来ると、嬉しそうにシッポをフリで迎えてくれますが、本宅に帰る気分でないときは、いそいそと別宅に戻っていきます。
 ごんちゃんの本宅での生活は?
それは、ごく風普通のシーちゃんと変わりなく思えますが、やはり九州男児!
ふっと、目線をクッキーの缶に移せばパパが
「ごんちゃん、クッキーほしいいの?」
ごんちゃんが再び目線をクッキーの缶に、
「ごんちゃん、クッキー食べるの?」
パパがクッキーの缶をごんちゃんの目の前に置きごんちゃんが缶を前足で倒したら、クッキーを一枚くれます。
そして、おとなしくクッキーを食べ始めます。
その間、終始無言で目線と軽いジェスチャーのみです。
食べ終わった後、追加を要求もせずにいい子にしています。
ごんちゃん、九州男児にふさわしく堂々たるものです。
すべてのことに叫びまくる我が家のクの付く子とは多い違い~
頭が良くて利口なごんちゃんなのでした~
写真は本宅でのごんちゃんです。
# by shanmama2 | 2007-05-09 23:12 | はなこっち日記 | Comments(20)

続き・・・。

c0090198_773563.jpg

「Bonjour!・・・・・・・・」
と、カフェで突然、ママに流暢なフランス語で話しかけて来た日本人女性がいたんだけど、ママはそのフランス語が分ったのか分らないのか知らないんだけど

「はいはい、日本人ですよ。
それと貴方の事はプーママから聞いて知ってますよ。」
だって~!

すると
「あっ、やっぱりね、私もそうでは無いかと思ってました。」
何の事かというとね、こういう事だったらしいの。

先日プーちゃんのママから家のママに電話が有って
「今ね、シャンドの公園にプーちゃんを連れてお散歩をしていたら、日本人の女性カメラマンにプーちゃんの写真を撮らせて欲しいって頼まれたのよ。
今度“パリのワンコたち”の本を出すんだって。
それで同じシー・ズーでシャンディとブランディというゴージャスなロン毛のワンちゃんがいますよ。
って、話しておいたからね。
もしかしたら二人の写真も頼まれるかもよ~。」

ってね。
で、ママはすぐにその話を思い出したんだって~。

なので、若しかしたらいつかボクとお兄ちゃん、それにプーちゃんが本に登場しちゃうかも・・・なの。
本が出たら皆さんにすぐにお知らせするから、見てね~。
(*^^)v

という訳ね。

最後にママが
「欲しいな~。」
と随分迷って、結局買わなかった「レモンの木」を売ってたお花屋さんのお花だよ。
c0090198_7294648.jpg
c0090198_7301722.jpg



あのね、そのレモン木の話なんだけどね。
丁度1メートルほどの大きさなんだけど、木の形も良かったしお花が沢山咲いてたの。
でもね、ママはお値段を聞いてきて
「125ユーロ、二万円だって!やっぱり止めるわ。」

するとパパが
「ちょっと待って!レモンは1個大体幾ら?」
「どうして?良いものなら多分1ユーロ位じゃない?」
「うん、今彼は去年は20個実が成ったって言ってたよね。
で、今年はもっと成るって。
そしたら一年で25個として25ユーロ、5年で元が取れるから買ったら?」
だって。
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

ホントにヘンな夫婦だよね、家のママとパパ~。

   終わり
# by shanmama2 | 2007-05-08 07:31 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(14)

ブランディの日記♪

「今日はお天気も良いし、皆で長いお散歩しよう!」
って、パパが言って、皆でお散歩に行く事になったの。
嬉しいな~。
c0090198_597100.jpg


今日は日陰はちょっと寒い位だったんだけど、最高のお散歩日和だったよ。
途中ね、チャーリー君っていう7ヶ月のシー・ズーの子に会ったんだけどね、この子ね~、車に足を轢かれちゃったんだって、でね、ギプスをしてたよ。
なので若くて可愛いマドモアゼルに抱っこして貰ってのお散歩だったの。
早く良くなるといいね。
c0090198_5142113.jpg


c0090198_5194886.jpg
お散歩はこんな道を通ったんだよ。

それから「アンヴァリッド」の方へね~。
c0090198_5204327.jpg



c0090198_5414647.jpg
それから駅の近くのカフェでママたちはランチを食べる事にしたみたい。

でね、こんな会話をしてたよ。
パパ「隣の二人のお婆ちゃんの食べているのを見て!
ステーキだよ。あのお婆ちゃん達が食べられているんだから、きっと今度こそ柔らかい牛肉なんじゃないかな~。」

ママ「どうかな~、今までパリでは一度も柔らかいステーキなんて無かったもの。
それに、あのお肉の切り方は凄く薄いよ。
やっぱり硬くて噛み切れないんじゃないの?」

「きっとお上品なんだよ。
それに二人共ちゃんと全部食べられそうな感じじゃない。」
「でも、若しかしたら、二時間前から食べ始めてたのかもよ。」

なんて、二人で大笑いしてたよ~。

するとそこへ・・・ある日本人女性が、声をかけてきたの~。

   続く・・・
# by shanmama2 | 2007-05-07 05:15 | ブランディ&シャンディ日記 | Comments(29)

今日は・・・。

今日は先日BBSに書いたカーテンに付いたままだった「盗難防止器具」を取り外して貰いに、又30分かけて車でシャンパパと行って来たの。
で、勿論
「すみません。」
の一言も無しね~。
「あっ、そう。」
だもの。
やっぱりね~。
(-.-)

で、これは帰り道に通った凱旋門ね。
c0090198_5111491.jpg


ほんで、今日はデスクトップを繋いだり・・・と疲れたので、前回プーママたちと行って、とっても家庭的で美味しかった「韓国料理」を二人で食べてきたの。
前回食べてなくて、写真だけ見た「牛肉」の焼肉を食べにね~。

ところがね、この牛肉はイマイチだったのよ。
ただ、韓国も実際にはお肉の質はあまり良いとは言えないから、本国並みかな?
(*^^)v
で、韓国人ファミリーがやっているらしく、本物の韓国家庭料理って感じで美味しいの。

今日食べたのはね、牛の焼き肉セット二人前・・・・と言ってもお肉が日本の「並」より良く無いのと量も少ない。
あまり大きくないプルコギ用の焼き鍋(?)みたいのにお野菜も入れて一回分ね。
これで二人分だって。
それと「韓国風冷奴」「ユッケジャンスープ」「春雨のなんたら」を一皿ずつ。
そして韓国ビールの小瓶を3本ね。
で、トータルで「71ユーロ」だったの。
で、チップを含めて80ユーロ置いてきたのだけど・・・。

この金額が高いか安いか・・・つくづく今日も考えてしまったわ。
^_^;
日本円にして、約「1万3千円」ね。
日本でこの金額ならもっと量的にも質的にも良いものが食べられるんだよね。
でも、ここでは極普通の金額なのよ。
美味しかったし、お店の方も感じが良いしも、何の文句も無いんだけど、やっぱりパリは高いよな~。

今度は近くにミシュランの星付きレストランが何軒か有るので、是非行ってみたいのだけど、腰が抜けなきゃいいんだけど・・・。
何かパリに来てから値段の事ばかり書いているようだけど、ホントに毎回驚くんだもの~。
^_^;

で、その韓国料理の写真なんだけど、どれもボケボケで載せられにゃいのよ。
これだけで勘弁してちょ。
だけどこれって、セットに付いてたチヂミだけじゃん・・・。
(;´д`)トホホ
c0090198_5334633.jpg

# by shanmama2 | 2007-05-06 05:34 | シャンママ日記 | Comments(13)

シャンディ、ブランディの弟「スモーキー」(2018年4月12日生まれ)の日記です。どうぞ宜しく♪


by shanmama2